Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お・と・なの投資♪」

「投資」というタイトルでなく「お・と・なの投資♪」としました。

「お・と・な・・・・」という少し意味深の表現にしたのは、「レジャーホテル(ラブホテル)投資」のことです。

人の三大欲求(食欲・睡眠欲・性欲)は永遠普遍ですから、需要は安定しています。
景気に作用されにくいのです。

投資の市場としてみた場合、レジャーホテルの数(37,000棟)はマグドナルド店舗数(30,000棟)よりも、セブンイレブン店舗数(12,000店舗)よりも多いのです。

市場規模は、レジャーホテル業界は約4.7兆円で出版業界(約2.8兆円)や化粧品業界(約1.3兆円)、パソコン業界(1.1兆円)をはるかにしのぐ市場となっています。(出典:日経業界地図2009年版)

驚きましたか?
改めて注意してみると、高速道路のインターチェンジ付近には必ずありますね。
また繁華街やリゾート地周辺等、枚挙にいとまがないほど。

ここで、かたくりのマル秘エピソードをカミングアウトしますと・・・・
実は・・・
新婚旅行で四国と九州を車で2週間かけて回ったのですが、レジャーホテルを四国の宇和島で一泊、九州では長崎で一泊しました。(笑)
宇和島のレジャーホテルはなんと天然温泉で感激しました!
旅行の道中で、予定のコースを予定時間道理に回って宿泊地にたどり着くというのでなく、探すのに不自由しないので気楽なのです。

恋人同士で車で旅行というのは気楽です。
このスタイルでの需要はこれからも続くだろうし、更に多様化して増えていくでしょう。

そこで、レジャーホテルの投資価値をもう一度振り返ると・・・・
やはり魅力的な市場だとおもうのですが、いかがでしょうか?

投資の詳細→レジャーホテルファンドNEO HOPEでおとなの投資?!

レジャーホテルファンドNEO HOPEでおとなの投資?!
スポンサーサイト

かたくりの結婚記


本当は、このテーマはかたくりの最も恥ずかしく苦手なジャンルです。

中学の時に片想いした女性にず~っと思い焦がれて文通やデートを重ねましたが十数年続けても決定的な一言がいい出せなくて終わりました。(涙)

流行を追いかけ、女性にもてようと媚びるのは下心が見抜かれてしまうようでかたくりにはできませんでした。

これが谷原章介さんのような二枚目にうまれついていたら、どんなきざな仕草もスマートに見えますがそれは選ばれたもののみに許される特権です。
30代半ばのときにみた、武田鉄矢さんの【101回目のプロポーズ】は涙なしにはみれませんでした。

今振り返ると、それぞれ持って生まれた似合いの伴侶の求め方というものがあるようです。
谷原章介さんタイプの人はそのまま何も悩むことはないでしょう。
武田鉄矢さんのようなタイプは、ひたすら真心と情熱を武器にするのも正解かもしれません。

結論からいうと、かたくりは自分からアッピールできる性格ではないので合コンなどは初めから論外で一番古風なお見合いで伴侶を得ました。

少し前のブログでも触れましたが、大学を卒業後恩師のところへよく遊びにいくと、奥様が面倒見が実によく、かたくりがガールハントできるタイプではないのをすっかり見抜かれ、奥様に4回ほど女性を紹介してもらいました。

この経験は貴重な体験でした。実に多くのことを学びました。
実家でも3回ほど見合いをしましたが、会話の試行錯誤の場数も踏んだおかげで
自然な形で相手の趣味や結婚観、理想などを聞くことができました。

結婚相手は、最後の見合いで実家では義理でする見合いでその気にならなくてもよろしい。というまことに奇妙なものでした。
その女性が読書が趣味というのを知ったのは、偶然からでした。
つきあってみると実に引き出しが多いのです。


結婚を夢見る男女にいえることは、読書が好きな相手を選びなさいということです。
困難に直面しても解決方法を本から探し出す方法を知っています。
自分にないものを得ようという学習意欲があります。

結婚して尻にしかれているなあと思うこともありますが、
読書好きな相手を選んで間違いはないことだけは胸を張っていえることです。





一生独身はイヤ!理想の相手と出会える婚活必勝法♪ - ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!






★婚活に興味のある方必見!
婚活click
婚活で理想の相手をみつけませんか
結婚情報サービス click
→成功率の高い結婚相談サービスを
利用してみませんか






思わず引いてしまった告白


思わず引いてしまった告白は? - ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!
タイトルとは逆に、彼女が思わず引いていった体験なら沢山経験しているかたくりです。(爆)
大体恋の駆け引きなどというものには無縁のオトコでしたので女性の視線がいかに厳しくオトコをチェックするかまで気が回りませんでした。
さて・・・・
どの失敗談を話しましょうか・・・(;´▽`A``  

その一つ、学生時代の指導教官の奥様がかたくりの見合い相手を紹介してくださったときのこと
宝石店で働くセンスのよさそうなお嬢さんでした。
当時かたくりはさして足は長くないですが、唯一会社の女性などから一部の女性から認められていた引き締まった60cmウエストとヒップアップを強調するした一張羅のスラックスをクリーニングに出し、万端にデート作戦を練ったのでした。

当時、高崎に住み都心のことなど少しも知らないかたくりでしたが、かすかに知っている頼りないデートスポットをめぐり、奮発してフラメンコのショーをしているクラブを案内しました。

食事とショーが済み時間的にまだ余裕があったので、最後に喫茶に誘うとしたとき、


思わず引いてしまった告白は? - ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!

まさに上のバナーの女性の雰囲気で女性が去っていきました。

どこに落ち度があったのだろう?
フラメンコショーとか、会話にさほど落ち度があったとは思えないのに・・・・

帰りながらあれこれ反省してみたのですが、デート経験自体が少ないので何も反省点が浮かんできませんでした。

部屋に帰って普段着に着替えて驚きました!!!

自慢のウエストを強調するために、クリーニングに出したスラックスの後に、タグがあぁ・・・・

クリーニングのタグをつけたまま、一日デートしていました。 (o_ _)ノ彡

そんな格好で、デートにつき合わされたら、誰でも引きますよね。

記憶から消したくても消えない青春の汚点でした。(爆)

人気ドラマ【101回目のプロポーズ】は、見ても笑えなかったなあ・・・


「気持ちは解かるけどちょっと・・・。思わず引いてしまった告白は? 」をブログで書いてポイントゲット!



<blog調査隊>子供の事色々調べたい!

占い ←Click(シチュエーションじゃなく、運命で!)

ラブソング ←Click(気分を盛り上げて!)

アルバイト 南林間 ←Click(夏休みにがっつり稼ごう)

離婚寸前だったこと


史上最大、離婚の危機!! - ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!

今日を吉き日と選び定めて
私達はご神前で結婚の式を挙げます。
今後はご神徳を頂きまして
千代に八千代にあい睦みあい親しみ苦楽を共にし
明るく幸せな家庭を築くことを誓います。
ここに謹んで誓詞を奉ります。

16年前この誓詞を奉じました。
いつも胸に秘めて家族の為にと睡眠を削り必至で仕事を続けたかたくりですが、
最初の職場だった製薬会社の研究所がやがてなくなりました。
結婚翌年に長女を授かり、翌年次女が生まれて間もない頃のことです。
妻も育児で手の一番かかる時期に受託研究機関に転職したものの想像を超えた労働環境に極度の不眠になりました。
家族サービスと仕事と両立は難しく育児が大変なので妻が実家によく娘をつれて帰っていました。
その後、単身の海外赴任が決まった3ヶ月前に三女を授かりました。
家庭の事情を考えたら海外になど一人で行けない状態ですが専門性を請われて行けといわれたら行かざるを得ないのが働くもののつらいところです。

海外の出張先で家族のことが気がかりで24日間一睡もできず、そのまま倒れて現地で緊急入院しました。
勤務の継続は無理と判断されて帰国しましたが、かたくりの入院中三女も風邪をこじらせて入院中で妻も育児が限界の状態でした。

かたくりの帰国は不名誉なことでしたが、結果的に結婚の最大の危機を回避になりました。

やはり、苦楽を共にするということは手の温もりを感じあえる距離でこそのことだと思います。


結婚式のはなむけのスピーチで「山あり谷ありと」いう言葉がよく使われますが真実だと思います。
誰もが共に歩む道中で危機に直面することがあるかもしれません。
それを乗り越えたカップルの経験談は、人生の参考になるかもしれませんね。

みんなの「史上最大、離婚の危機!!」はこちら

<blog調査隊>ネットで離婚防止策を見てみよう♪

夫婦旅行 ←Click(もう一度仲を深めよう♪)

結婚記念日 ←Click(結婚のトキメキ再び♪)

アルバイト 鴨居 ←Click(アルバイトで稼ごう。)

102.杜子春

芥川龍之介の名作『杜子春』、これは私の大好きな大人の童話です。
カタクリバージョンの杜子春を書いてみましょうか。
唐の都洛陽の西の門に、みすぼらしい格好をした男が一人いた。
その名は、杜子春といって元は良家の息子だったが、仕事嫌いの遊び好きで両親の死後は財産も使い果たしてその日暮らしにも困るほど落ちぶれてしまった。
自尊心から物乞いをする気にもなれず、途方にくれていると、眇めの老人が通りがかり杜子春に興味を示し
夕日に立って自身の影の頭の部分を掘ればきっと都一の大金持ちになるだろう
という言葉を残して去っていった。

杜子春は一日のうちで都一の大金持ちになった。
毎日美女をはべらせ淫蕩にふけった。
しかしいくら大金持ちでも財産に限りがありだんだんと貧乏になっていった。
すると、昨日まで媚をふっていた美女が一人また一人とこなくなっていった。
以前のように無一文になったころ、また洛陽の西の門でたたずんでいるとあの不思議な眇めの老人が通りがかり
夕日に立って自身の影の胸の部分を掘ればきっと都一の大金持ちになるだろう
ということばを残して去っていった。
杜子春は一日のうちで都一の大金持ちになった。(繰り返しになるので中略)

以前のように無一文になったころ、また洛陽の西の門でたたずんでいるとあの不思議な眇めの老人が通りがかり
夕日に立って自身の影の・・・・・
杜子春は老人の言葉をさえぎって言った。
老子様私はもうお金は要りません。」 「人間というものに愛想が尽きたのです。」 「人間は皆薄情です。私が大金持になった時には、世辞をいい親戚縁者・知人・美女も寄って来ますが一旦無一文になってしまえば誰も振り向いてくれないのです。
私は老子様の弟子になって仙術を学びたいのです。どうか弟子にして下さい。
というわけで老人の弟子の試練を受けることになった。
老人の出す課題は3回、1つ目は千尋のがけを途中までおりて生えるている岩タケをとってくること、2つ目は竜のひげを切ってくること、3つ目はその二つを煎じてつくった霊薬で泰山の南のふもとで病に死にかけた娘を看病することだった。
1つめと2つめは死ぬほど怖い思いをして結局失敗し、3っつ目の課題の娘を看病した。
美しい娘だったが全身に血の気はうせ唇は紫色で息をするのも苦しそうだった。
娘は、苦しい息の中から自分のかなえられなかった夢を切れ切れにつぶやいた。
14ではやり病で死んだ友のこと、草木学、四季の移ろい・・・
そんなことは杜子春は一晩で大金持ちになった頃考えもしなかったことだった。

そして自分も人生をやり直したいと思った。
娘は一通り語ったあと、眠るように息をひきとった。
杜子春は勇気がなくて霊薬をとることができず、娘を助けられなかったことを死ぬほど悔いた。
杜子春が泣いていると例の老人がやってきて
お前は仙人なれなかったことを悔やんでいるのか?」と尋ねた。
いいえ、この娘は死ぬ間際まで自分の夢を語っていました、医者になって自分のように病に苦しむ人を助けたかったそうです。」 「私は自分が楽しく生きることのみ望んでいました。私のこれまでの生き方は恥多き人生でした。

この娘のなきがらを弔い、その後は何になっても人間らしく正直に生きていきたいと思います。
katakurijp2006 老人は、 「それならば俺から餞別をやろう
といって、呪文を唱えて娘に息を吹きかけ霊薬を飲ませた。 するとみるみるうちに生気がよみがえり、死んだはずの娘が起き上がった。
実はこの娘は俺の孫娘だ。
あの山に少しばかりの畑だが一緒におまえにやろう。
野菜や薬草を植えて一緒に暮らすがいい。 春になれば、一面にかたくりが咲いて目を楽しませてくれるだろう。」
そう言うと、老人は忽然と消えた。

エピローグ
名作を汚すようで気が引けたので今回は色気抜きにしました。『杜子春』は大変含蓄の深い短編小説だと思います。
2 Aug. 2006

通番:保留 わがまま

問題:傍からみたら絶対矛盾している真実も
  本人にとってはそう思わないことってな~んだ?

それは・・・・
今回のテーマそのものの【恋愛】


昔のことわざにも
あばたもえくぼ、恋は思案の他、足駄をはいて首ったけ、及ばぬ鯉の滝登り、恋は盲目・・・・枚挙にいとまがありせん。
自分が恋焦がれたあの人には幸せになって欲しい・・・・と願う反面
その人の幸せそうな視線の先にいる男には強い嫉妬をするメラメラ
ある美人が宴席で体調不良で退席
大丈夫かなあ・・・
誰か介添えの人が世話をしてくれれば安心なのだけど・・・・
・・・・・ぬゎに~介添えが若い男だぁ?
許せん!メラメラ
なんてことはあたりまえのことです。(笑)
そうなのだよ、金田君
びくっとしましたか?(笑)
一瞬あのことかなとおもったでしょう。冗談です。(爆笑)

健全な(不良)親父を看板にしているかたくりとしては、
たてまえとしては妻子もちなのでどんなにあの人美人だぁとか、セクシーだなあと思っても
むやみに顔に出せない
内儀さんの前ではTVの前でも本音とたてまえの葛藤です。(笑)


なが~い独身生活にピリオドをうつことになったときに
同時は若く従順(と勘違いしてました)な今の内儀さんに
「あのぅ  かたくりさんもソープランドとか行ったことあるのですか?」
と聞かれて
「そりゃ~ 男ですから、はい」
と答えたとたん、結婚前にエイズ検査をさせられました。タハハハ・・・・

いま、そんなことをしてバレたら、検査だけじゃすまない
・・・・と思います汗
>かたくりのわがまま(欲望といったほうが近い)は墓場にいくまであるだろうなあと大晦日の除夜の鐘を聞きながら思いました。

わがままは男の罪  それを許さないのは女の罪♪
(虹とスニーカーの頃 チューリップ)



0001
Jan. 4 2008

107.どうぞこのまま

この歌は学生時代にお気に入りの1曲でした。

男とはまったく異なる異なる価値観だなあと思いました。

異性のどういうタイプの、

どういうしぐさに惹かれてしまったか。

その愛を勝ち得るためにどういう覚悟があるか

自分の何を賭けているか、

そんなそんなことを自分に問いかけて片想いばかりしているので

女性感覚というか、この曲が唄い語りかけている世界が謎めいていてよけいに惹かれました。

どうも女性というのは満たされない愛というものに強い憧れがあるのではないでしょうか?

他に恋人がいる男性または妻子ある男性を引き留めて、今このひと時だけは自分のものにしておきたい。

過去も未来も関係ない、今このときだけが永遠なのという感覚でしょうか?

・・・・・かたくりは競って勝ち取るか、とれないならば恋慕の情は胸に秘めたまま墓まで持っていくという恋愛観なのでのでよけいに惹かれました。

あくまで歌の世界だけとして。

同時期に因幡晃さんの「わかってください」という曲がはやっていましたが、こちらの心情はストレートに伝わりました。

思い当たる気持ちが十分にありましたので。

思えば恋愛体験に恵まれない独身時代だったわ~ (泣)


  どうぞこのまま

 歌・詞・曲:丸山圭子


この確かな 時間だけが
今の二人に 与えられた
唯一の あかしなのです

ふれあうことの 喜びを
あなたのぬくもりに 感じて
そうして 生きているのです
くもりガラスを伝わる 雨のしずくのように
ただひとすじに ただひとすじに
ただひたむきに

それは ばかげたあこがれが
気まぐれな 恋だとしても
雨は きっと降り続く
くもりガラスをたたく 雨の音かぞえながら
どうぞこのまま どうぞこのまま
どうぞやまないで

さよならは 涙とうらはら
さめたコーヒーの ようなもの
だから いつまでも このまま
どうぞこのまま どうぞこのまま
どうぞやまないで
どうぞこのまま どうぞこのまま
どうぞやまないで

Jan 14 2007

106.女房酔わせてどうするつもり?

私は、若い頃はウイスキーのCMに出てくる美女に魅惑されてころころと変えて飲んでみました。

真野響子さんのカティーサーク、名取裕子さんのサントリーウイスキーなど等。
実のところウイスキーの香りの命ともいえるピートが私は好きではないので、ワイン・ビール・果実酒たまにブランデーと日本酒を最近はのんでいるのですが・・・・・

女房酔わせてどうするつもり?”

女房 15年前に中野良子さんがはじめてつかったニッカウヰスキーのCMの名セリフです。
石田ゆり子さんのあの表情いいなぁ。
あの表情でこんなことを言われたら・・・・・
理性がくずれてしまいます。

どうするって、そんな表情でいわれたら・・・・・

もう・・・・たまりまっしぇん。

今夜はいいなりになります。降参です!”というしかありません。

もう立てないから、寝室までお願い。ラブラブ

そんなことを言われても大丈夫なように、少し体を鍛えなおそうかなあ・・・・・。


結婚当初、玄関から寝室まで花嫁を抱えて運んであげると幸せになれるとかで、無理やりさせられました。
寝室は2階なので結構しんどかったです。
大変疲れてしまいその夜のことは記憶にありません。

24 July 2006

103. 短歌 オジギソウ

今夜は少し趣向を変えて・・・・・

別に歌心があるわけではないのですが、少し前に花の画像に添えてざれ歌を詠んだものが知人の画像BBSに残っていました。
下の画像は、オジギソウです。
早朝にまるで小さな綿菓子そっくりの花が咲き夕にはしぼんでしまいます。
短い花のいのちです。
少しばかりの憐憫の情を込めて詠みました。

   見る人の 心にとどめん この花の
             短き命 花火にも似て


ojigisou

★綿菓子の ようなる花に 触れてみよ 恥じらい うつむくオジギソウ
☆オジギソウ 包む優しき その手にて 髪に触れられ 恥じらう頬よ

☆は私の師匠歌です。23 Jan.2007

98.新年初笑い:アリスト・ファネス「女の平和」

かたくりはあまり西洋の小説は読まないのですが、

「女の平和」という喜劇を紹介します。

時と場所は、古代ギリシャ・ローマ帝国の頃、
戦争で明け暮れている男達のために、閨で悶々とさせられるおんな達が敵味方関係なく連帯してエッチのストライキをしました。
男と女の我慢比べです。

小説の中でも、我慢できない女の人がでてきますが、
持久戦となるとどうしても女性に軍配があがるみたいですね(爆)
今度は、男達が悶々としてしまい、戦争どころではなくなり、敵と和解しておんな達にもう戦争はしないからエッチさせてと誓うのです。

もう・・・がまんができまっしぇん・・・戦争やめるからやらせて~m(_ _)m
・・・という感じでしょうか?

かくして、戦争はなくなりましたと。
何時の世も、女性は戦争が嫌いで平和が大好きです。エッチも?

Jan. 3 2007

85.杜子春

芥川龍之介の名作『杜子春』、これは私の大好きな大人の童話です。
カタクリバージョンの杜子春を書いてみましょうか。
唐の都洛陽の西の門に、みすぼらしい格好をした男が一人いた。
その名は、杜子春といって元は良家の息子だったが、仕事嫌いの遊び好きで両親の死後は財産も使い果たしてその日暮らしにも困るほど落ちぶれてしまった。
自尊心から物乞いをする気にもなれず、途方にくれていると、眇めの老人が通りがかり杜子春に興味を示し
夕日に立って自身の影の頭の部分を掘ればきっと都一の大金持ちになるだろう
という言葉を残して去っていった。
杜子春は一日のうちで都一の大金持ちになった。
毎日美女をはべらせ淫蕩にふけった。
しかしいくら大金持ちでも財産に限りがありだんだんと貧乏になっていった。
すると、昨日まで媚をふっていた美女が一人また一人とこなくなっていった。
以前のように無一文になったころ、また洛陽の西の門でたたずんでいるとあの不思議な眇めの老人が通りがかり
夕日に立って自身の影の胸の部分を掘ればきっと都一の大金持ちになるだろう
ということばを残して去っていった。
杜子春は一日のうちで都一の大金持ちになった。(繰り返しになるので中略)

以前のように無一文になったころ、また洛陽の西の門でたたずんでいるとあの不思議な眇めの老人が通りがかり
夕日に立って自身の影の・・・・・
杜子春は老人の言葉をさえぎって言った。
老子様私はもうお金は要りません。人間というものに愛想が尽きたのです。
人間は皆薄情です。私が大金持になった時には、世辞をいい親戚縁者・知人・美女も寄って来ますが一旦無一文になってしまえば誰も振り向いてくれないのです。
私は老子様の弟子になって仙術を学びたいのです。どうか弟子にして下さい。
というわけで老人の弟子の試練を受けることになった。
老人の出す課題は3回、1つ目は千尋のがけを途中までおりて生えるている岩タケをとってくること、2つ目は竜のひげを切ってくること、3つ目はその二つを煎じてつくった霊薬で泰山の南のふもとで病に死にかけた娘を看病することだった。
1つめと2つめは死ぬほど怖い思いをして結局失敗し、3っつ目の課題の娘を看病した。
美しい娘だったが全身に血の気はうせ唇は紫色で息をするのも苦しそうだった。
娘は、苦しい息の中から自分のかなえられなかった夢を切れ切れにかった。
そんなことは杜子春は一晩で大金持ちになった頃考えもしなかったことだった。そして自分も人生をやり直したいと思った。
娘は一通り語ったあと、眠るように息をひきとった。
杜子春は勇気がなくて霊薬をとることができず、娘を助けられなかったことを死ぬほど悔いた。
杜子春が泣いていると例の老人がやってきて
お前は仙人なれなかったことを悔やんでいるのか?」と尋ねた。
いいえ、この娘は死ぬ間際まで自分の夢を語っていました、医者になって自分のように病に苦しむ人を助けたかったそうです。
私は自分が楽しく生きることのみ望んでいました。私のこれまでの生き方は恥多き人生でした。
この娘のなきがらを弔い、その後は何になっても人間らしく正直に生きていきたいと思います。
katakurijp2006 老人は、
それならば俺から餞別をやろう
といって、呪文を唱えて娘に息を吹きかけ霊薬を飲ませた。
するとみるみるうちに生気がよみがえり、死んだはずの娘が起き上がった。
実はこの娘は俺の孫娘だ。
あの山に少しばかりの畑だが一緒におまえにやろう。
野菜や薬草を植えて一緒に暮らすがいい。
春になれば、一面にかたくりが咲いて目を楽しませてくれるだろう。」
そう言うと、老人は忽然と消えた。

エピローグ
名作を汚すようで気が引けたので今回は色気抜きにしました。『杜子春』は大変含蓄の深い短編小説だと思います。
2 Aug. 2006

84.女房酔わせてどうするつもり?

私は、若い頃はウイスキーのCMに出てくる美女に魅惑されてころころと変えて飲んでみました。

真野響子さんのカティーサーク、名取裕子さんのサントリーウイスキーなど等。
実のところウイスキーの香りの命ともいえるピートが私は好きではないので、ワイン・ビール・果実酒たまにブランデーと日本酒を最近はのんでいるのですが・・・・・

女房

“女房酔わせてどうするつもり?”
15年前に中野良子さんがはじめてつかったニッカウヰスキーのCMの名セリフです。
石田百合子さんのあの表情いいなぁ。
あの表情でこんなことを言われたら・・・・・
理性がくずれてしまいます。

“どうするって、そんな表情でいわれたら・・・・・
もう・・・・たまりまっしぇん。
今夜はいいなりになります。降参です!”
というしかありません。

“もう立てないから、寝室までお願い。

そんなことを言われても大丈夫なように、少し体を鍛えなおそうかなあ・・・・・。
結婚当初、玄関から寝室まで花嫁を抱えて運んであげると幸せになれるとかで、無理やりさせられました、
寝室は2階なので結構しんどかったです。
大変疲れてしまいその夜のことは記憶にありません。
24 July 2006

81.手紙


・・寂しさのつれづれに手紙をしたためています、あなたに・・・
黒いインクがきれいでしょう青い便箋が悲しいでしょう・・・
井上陽水さんの名曲『こころもよう』のフレーズです。

少し前までの遠距離恋愛では、電話代が高かったので恋人同士の交流は手紙が主流でした。
出した手紙の返事が待ち遠しくいつまでも気にかかったものです。
特に片思いの相手にはじめて手紙を出した後というのはいわずもがなです。
現代では手紙から電子メールにすっかり取って代わってしまいました。

* 好きです。つきあって下さいませんか? *
* ありえな~い§^。^§ *
わずか数秒で返事がもらえます。それが幸せなことなのか不幸なことなのかは別ですが、お金も時間もかからず、便利な世の中になったものです。

最近はめっきり手紙を書かなくなりました。
私も若いときには、字は下手なくせに筆まめでよくせっせと手紙を綴りました。
文章力もないので何回も下書きをして便箋に5枚ぐらい書き込んで、重量リミットすれすれでよく出したものです。
何回も推敲を重ねているので出した手紙の内容まで覚えています。
私はもらった手紙というのをなかなか捨てられずに残しておく性質なので今の内儀さんにすべてばれてしまいました。

他の人はどうなのでしょうか?
過ぎ去った恋に終止符をうつために、ひとつひとつ読み返して燃やしていくというのは誰もが経験したことなのでしょうか?
携帯やPCでつづったメールならキー操作で簡単なので私でもできそうですが、手紙の場合、筆跡・便箋・封筒にまで心配りがされていて私にはできないなあ・・・。

ちなみに内儀さんは、私の出した手紙までしっかり処分されてしまいました。
彼女は私がもっている他の女性の手紙より自身で出した手紙のほうが燃やしたいようです。
また新しい隠し場所に移さなければ・・・・。
May 18 2006

80.恋のスタンプ

また、とっぴな発想を綴ります。

ギフチョウやウスバシロチョウのような古いアゲハチョウの属では交尾をすると雄から出す体液で受精嚢をつけ、交尾雌か未交尾雌が判別できます。
受精嚢は貞操帯のようなもので、一度交尾をすると二度目の交尾はできません。
自然界において普通昆虫たちはほとんど交尾は生涯1度なので、とりたてて騒ぐほどのことではありませんが、なんとなく貞淑なチョウだなあと思ってしまうのは私だけでしょうか?

もし、人間が昨晩の情事がスタンプとして顔にでるような生理になっていたら、どんな世界になっていたでしょうか?
きっとイスラム圏の民のように、女性は公衆の面前では顔をベールで被うようになってしでしょう。
男も、聖職と呼ばれる人たちは、何だかんだと理屈をつけて同じように顔を覆ってしまうかもしれませんね。
たとえば、清廉潔癖をアピールする政治家(独身の政治家は大変だ)、教師(独身者は教師になれないなあ)、牧師・神主・僧など本音と建前のかけ離れたことをいう人が少しは少なくなるかもしれません。
顔のスタンプを隠しながら、別の女性を口説く不心得ものが少なくなって女性とって少しは住み良いか、はたまた不倫や結婚前の情事ができなくて居心地の悪い世の中だ思うかは、それぞれの価値観が反映されます。

いろんな理性と本能のはざまにゆられながら、矛盾に満ちた行動をするから人生は面白いのでしょうね。出会いを大切に正直に生きられればそれが一番ですが・・・・。
26 Mar. 2000

妖精

77.かたくり的恋愛観

いつも思うことですが日本の恋愛映画やドラマでは、男と女が出会って惹かれあう過程を描くのが実に下手だと思います。
あいまいにぼかして、逢瀬を重ねてそこから先は快調に恋愛のストーリーが展開するというのがパターンで、物事をハスに眺める癖のある私はしらけます。
どうしてその程度のきっかけでそんなに情熱的な恋愛になるの~と納得がいかないのです。
恋のきっかけを描くのが下手ならばせめて夢のあるラブストーリーにできないものかと。
で、愛を誓いながら冷めてしまったり、浮気・不倫シーンを見ると憤慨してしまいます。
生きることをナメてるんでない?と

自分の遺伝子を残すため本能のままに雄ならば相手が雌であるだけで立派な恋愛対象になる動物の世界のほうがよほど素直でわかりやすいのです。
多くの場合、出会いは確率まかせでかつ命がけだからドラマがあります。
鳥では、普段は天敵から逃げるだけの雄が恋の時期だけは、狙われるのを覚悟でひたすらさえずり雌に自分の鳴き声を届けようとする。
鮭が片道切符で生まれた川を遡上し、傷つきぼろぼろになりながら上流で雌と死の直前に産卵と媒精する。
ヒキガエルが長い冬から目覚め、雌に何匹もの雄がのしかかり奪いあう様は、戦いそのものでかわず合戦とはよく言ったものです。
カマキリの交尾は怖いです、雌は動くものは何でも餌という認識しかないので、食べられないように雄は時間をかけて雌のそばにいき交尾し始めるときには自分の頭から食べられ始めます。

一途に、限られた自分の命を燃やし尽くしながら、次へと命を紡ぐ様をみているとちょっと人間の恋というものが少し反省することあるんでないかい?と疑問が湧いてしまうのです。

孤独で思いっきりさびしい思いを耐えた末に出会った恋ならば、縁を大切にしようという素朴な感情を残りの人生を終えるまで持ちつづけられないものかと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
matsuri

遠い昔、高崎でふるさと祭りの写真を撮っていた時に、ぼうやを肩車した法被姿のお父さんの額を浴衣姿の若い奥さんが汗を拭いてあげるしぐさを目にして大変うらやましく思いました。
そこに家族愛があり、重ねた信頼とか思いやりとか幸せとかがうかがえたので。
で、私の当時の夢は、結婚したら出勤前に奥さんの手のひらをにぎりながら “これからいってくるけど、できるだけ早く帰ってくるから待っててね”と毎日名残を惜しみながら出勤してみたいなあ・・・・というものでした。
Feb.15 2006

76.女性のトーン

このトピックには久々に独断と偏見と僅かばかりの動物学的根拠をからめました。
長い間、殆どの女性が電話の応対に出るとき「はい、もしもし○○です。」のトーンが普段よりずっと高いのが不思議に思ってました。

一般的には、トーンの高さは楽しい時、興奮状態を示し、トーンの低さは冷静状態もしくは冷めている状態を示しています。
アナウンサーがニュースを読む声や事故現場での報道も、低い声でというのが基本だそうです。

例えば、ジェットコースターの搭乗時やアイドルに向かって叫ぶ“きゃ~”や相手に好意を示しているときにはトーンの高い声になります。“いや~ん、ばっか~んはいうまでもありません。

したがって、まだ密月状態の夫婦間の電話ならば「はい、もしもし○○です。」(^o^)丿
「あら、あなたなの」(^o^)丿
「・・・・・・・・・・じゃあ、早く帰ってきてね
文節ごとに少しずつトーンがあがります。
一方、夫婦生活も長くなると、夫が外から電話をかけると「はい、もしもし○○です。」(^o^)丿
「あら、あなたなの」(-_-)
「・・・・・・・・・・わかった、気をつけて帰ってきてね<遅けりゃ先に寝るから>」(-.-)
文章では、トーンの高低はあらわせませんが、雰囲気わかりますね。

蜜月・倦怠状態と感情の起伏とトーンの高低には万国共通で、鳥の求愛(高)と地鳴き(低)、
犬でも飼い主や異性の犬にまとわりつくときには
“クーン、クーン”“キャン、キャン
威嚇の時には“ウー”“ワン、ワン といったように一目瞭然です。

話を電話に戻すと、トーンについて一定の共通の傾向があることはわかりましたが、世の女性の電話応対時ほど声が高くなるのは、アジア人共通の特徴で西洋の女性はそれほど顕著ではないそうです。男性の場合は、万国共通で変化はありません。

独断ですがこれは、相手への好意・関心の示し方が体全体で表現する西洋女性に対し、アジアでは比較的シャイなため豊富なボキャブラリーと声の抑揚で感情を伝えようとする文化的下地の違いかなあと思うのですが、賛同してもらえるでしょうか? Feb.06 2006

68.俺の空 <カタクリバージョン>


本宮ひろ志さんの「俺の空」。これは1976年ヤングジャンプで連載されいまだに新作が発表されています。
世の男性の理想が全て込められていて心をつかみ放しません。
とても夢のあるマンガですが、娘達の教育上宜しくないということで、内儀さんに隠されてしまいました。
ご存知ない方の為に少しだけ解説をします。
主人公は安田一平18才。日本有数の財閥の御曹司で頭脳明晰、剣道部の主将で美男子。家風に従い、1年間花嫁さがしの旅をする。
旅先で気の強い娘、清純、お嬢様、婦人警官、声が出ない娘、ヤクザの娘、舞妓など多様な女性に出会います。
そこで、この多感な年頃の主人公がいろいろな恋愛を重ねるわけですが、嫌味にならず多くの共感を得たのは権力を傘にした政治家や嫌味な金持ちの道楽息子にきつい灸の据え方が痛快で黄門様の勧善懲悪に似て痛快だったからでした。
夢でいいから、カタクリも安田一平になりたいなあ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
時代遅れのマントをはおり行き倒れたカタクリ、声がでない娘に助けられる。
娘は近くの飯場で働いている。
陽だまりで娘が仕事の合間にノートに何かを書いている。
カタクリが話しかける「何をかいているの?」
娘は恥じらい隠しながら筆談で「夢をかいていました」
「いつの時代でもシンデレラは、女の子達の夢です」
「パーティーで華やかなドレスを身にまとって踊ってみたい」

ちかくの豪奢な別荘では金持ちの若者達がひと夏を楽しんでいる。
飯場の建物の落成パーティーがあり、名士達とその子息子女達が招待された。
行き倒れのときとは見違えるようなタキシード姿のカタクリが花束とドレスを持って唖の少女のもとに現れる。
「これは、今宵一日限りの魔法だよ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・・・・やっぱり、私らしくないなあ・・・・。
享楽に嵩じ欲望のままに行動する若者や、行き倒れの若者と睦みあっている少女に憧れている気の弱い青年のほうがしっくりします。
Oct.10 2005

67.夢うつつ


これは、青春時代の空想のひとこまです。

設定として私は30代後半でお金持ち独身、暖炉のある湖畔の別荘に一人休暇を楽しんでいる。

趣味でカメラを携え、早朝霧氷を撮影し雪景に残る小動物の足跡や時折みかけるカモシカの跡を追いかけて日も暮れて別荘に帰る道すがら、無人のヒュッテのテラスでもたれている女性を見つけた。抱き上げて別荘につれて介抱する。
どうやら湖畔周囲を歩きながら道に迷い疲労困憊し気温の低下により意識を失ったようだ。

軽度の傾眠状態で暖をとれば、健康状態に問題はないようなので暖炉に薪をくべ、意識が戻ったころブランデーを一口含ませる。

人心地がついたころあいを見計らい、入浴で軽い凍傷を癒させ、簡単な食事を取りながらワインを酌み交わす。
何かの事情で、夢が破れて自暴自棄になり悲しみを紛らわすように夢中で歩いて、道に迷ったらしい。

「道に迷って人に出会わず、日が暮れてきて怖かった。」
「なんで、道に迷うほど夢中で歩いたの?」
「指を骨折して幼いときから弾いてたピアノが弾けなくなって、夢が消えてしまったから・・・。」
「そう、・・・・でもね、若い人には次の夢が芽生える時間があるよ。」
年は二十代半ば、瞳が大きくまつげが長い。女性は無言で暖炉の炎を見つめていた。

「明日、少しこの別荘周囲を歩いてみようか、今晩は早く寝なさい。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・どこで、エロ話にしようかと、煩悩と羞恥心のハザマで悩みながら夢想を綴りました。(爆)

本音で語れば、私はスケベですので私が主人公である限り夢想の中でこのようなプラトニックなストーリーになるわけがないのですが・・・・、実際に見る夢の中では意外にもこれに近いです。(笑)

目覚めているときにはあくまでも合理的に、凍えて眠っているならば、風呂がわくまでの間ベッドで私の体温で暖めて、成り行きによっては・・・・・。←貴方の想像にお任せします。(^o^)丿

ただ、こういうシチュエーションでは、自然の中での命の営みというものも少し見せてあげたいです。
寒さに耐える木々の新芽とか、越冬している虫たちとか、ユズリハやカシワが春に新しい葉がのびて落ちること、雪の下で春を待つ片栗の芽など

どうも、カタクリの人間性には煩悩がくっついていて、死ぬまで離れないようです。(爆)
2005 Oct.1
大座法師池

66.夏の風物詩 幽霊


夏といえば怪談話が今も昔も話題になりますね。
怖いけれど見(聞か)ずにはいられない。
冬はゴメンですが夏は涼しくなるからちょうど良い。
オリジナルからの転記なので真逆の季節の話題が続いてますm(_ _)m。>

で、性別・年齢・容姿で怖さが大分異なるのですが、一番恐怖がそそられるのはやはり”若い女性で髪の長い美人”に限ります!!

もし、幽霊恐怖度仮装コンテストというものを行えばポッチャリタイプとかグラマー、茶髪は上位には入れないでしょう。
あまりセクシーでフェロモン漂う仏というのは、死しても尚残された男達に泣いて惜しがってもらえそうでかえって残った女性にうらまれそうで素直に成仏したほうがよさそうです。
たとえば、マリリン・モンローのような女性には怪談の話題になりにくいです。例え出てきてもサービス精神でこの世に下りてきたとと思われそうです。

髪はやはり長い黒髪が一番です!やつれて、幸薄く、男に騙されたり裏切られてかえりみられることなくこの世をはかなみ夭折した女というのが最もふさわしい。

昔の怪談・笑い話で浮気亭主が死んだ女房が化けて出てこないように仏様の髪の毛を剃ったという話があるくらいで黒髪でない幽霊では迫力不足です。

自戒の念を込めて、縁は大切にして女性には恨まれないようにしましょう。
あまりあちこちで浮名を流してあとで酷い目にあう前に身を固めた方がいいですね。Aug.10 2005
fcbloggohst

61.セクハラ


エレベータのなかで若い女性と二人きりになってしまったとき、男は気恥ずかしいものですが、女性の顔が赤らめばロマンスのはじまり、青ざめればセクハラの始まりです。
この際、男は何もしなくても女性の感情次第です。

ひらたくいえば、若い女性がエレベータに乗ったときに地震かなにかで止まってしまい数十分間密室状態になった時に、ペ・ヨンジュンさんのような美形とならば、手を握って「大丈夫だからもう少しの辛抱だよ」などとささやかれれば、心強く励まされ後に恋心に変わりえますが・・・・、

かたくりと一緒であったなら「この親父が近寄りませんように・・・」と願われるだけです。
手を握って「大丈夫だからもう少しの辛抱だよ」と同じことをしようとすれば、「密室の中でセクハラ行為をされた」と言われる危険性があります。
人は、生まれながらに平等でないことを肝に銘じるべきでしょう。
時代とともに流行り廃りはありますが、自分がその時代の寵児でないという自覚があるならば、若い女性のそばは要注意です。
かたくりは若い頃随分失敗をしました。
June 16 2005
fcblog
toiki

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。