Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

56.キャベツの花


それは独身時代のこと。キャベツは1玉あれば、ラーメンの具やキャベツの油いため他にいろいろ使え、冷蔵庫で結構長持ちするのでチョンガーには便利な食材でした。
途中まで食べて、4分の1ぐらいを1ケ月ほど冷蔵庫で放置しておいたことがあります。
    
   すると
    ↓
   根元から
    ↓
   芽のようなものが伸びてきて
    ↓
   どんどん伸びて
    ↓
   なんと冷蔵庫の中で花を咲かせました!!


黄色い花で菜の花そっくりでした。さすが、アブラナ科です。

花には、長日植物と短日植物があって、長日植物は一定時間以上の日照時間がないと咲かない植物、短日植物は逆に日照時間が一定時間以下にならないと咲かない植物で、キャベツは後者であることが分かりました。

十分な栄養もない状態で花を咲かせたこのキャベツは実にあっぱれで、私のヒューマニズムを大いに刺激し、敬意を表して食べるのを中止し、庭に植えてやりました。
その後、このキャベツがどうなったかは記憶にありません。
それは遠い昔のことです。 2005 Apr. 19

fcblogwork72

スポンサーサイト

55. 続々 巣立ち 「巣立ちの歌」


長女の卒業式で思いがけずこの歌を耳にしました。
意表をつかれました。「蛍の光」「あおげば尊し」「おくる言葉」と卒業式で唄える歌が数多くあるので、小学校で唄うとは思いませんでした。
この歌で思い出すのは、私自身の中学の卒業式です。
この歌を娘達が唄うのを聴いて本当に月日の流れを感じました。
思春期真っ盛りのかたくりが遠い昔、受験勉強・修学旅行・修学登山・クラブ活動(合唱部・器械体操・応援団)・初恋等、抱えきれないほどの思い出を抱えて卒業した思い入れのある歌です。妻は初めて聞く歌とのこと。
ひな鳥が大空に羽ばたくような力強い歌です。

「巣立ちの歌」村野四郎作詞・岩河三郎作曲http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/sudachinouta.html

花の色 雲の影
懐かしい あの想い出
過ぎし日の 窓に残して
巣立ちゆく 今日の別れ
いざさらば さらば先生
いざさらば さらば友よ
美しい 明日の日のため

風の日も 雨の日も
励みきし 学びの庭
かの教え 胸に抱きて
巣立ちゆく 今日の別れ
いざさらば さらば先生
いざさらば さらば友よ
輝かしい 明日の日のため
2005 Apr. 3

fcblog
work17

54. 続 巣立ち 「あおげば尊し」


長女の卒業式の日、卒業式会場に妻とむかう途中で懐かしい歌声を聞きました。
卒業生と先生との卒業式というのは父兄が参席する会場とは別のところで既に始まっていたようです。
ちょうど神前での結婚式と披露宴というような感じで、父兄が参席する会場に卒業生が来場し粛々と式が進行しました。それはそれで胸熱くなる思いがありましたが、前章と重複するので省略。
文語体の歌なので、卒業の歌ということは理解できましたが、当時それ以上の感慨はありませんでした。今振り返ると、とても深い味わいのある歌だと思います。
「あおげば尊し」http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/aogeba.html

1.
あおげば尊し、わが師の恩
教えの庭にも はや幾年
思えば いと疾(と)し、この年月
今こそ別れめ いざさらば

2.
互に睦みし、日ごろの恩
別るる後にも、やよ忘るな
身をたて 名をあげ、やよ励めよ
今こそ別れめ いざさらば
 
3.
朝夕馴(なれ)にし、学びの窓
螢のともし火、積む白雪
忘るる間ぞなき、ゆく年月
今こそ別れめ いざさらば

この歌詞は、一番は師への感謝、二番は師から送る言葉、三番は惜別の念を抱きつつ学舎を後にする心を綴っているように思います。
当時はそんなことは露とも考えませんでした。
二番は単純に「別れた後にも、教えは忘るな。身をたて 名をあげ、はげめよ。」自分に言い聞かせている詩と思っていました。
少し気づくのが遅すぎたようです。・・・・もう、自分の人生も後半を大分歩みかけていますので・・・・。
只、中学・大学時代の師の教えは守りつづけていたように思います。
2005 Apr. 3

fcblog
78

53.巣立ち 「おもいでのアルバム」


季節は足早に通り過ぎてしまいもう入学・入社式も終えたところもありますが、時間を10日ほど戻して卒業式を振り返りたいと思います。
3月18日に長女の小学校の卒業式、26日に末娘の保育園の卒園式でした。
それぞれ、自分の幼い頃のそれと重ねてみました。
私は、自分の卒園式の記憶はあるのですが、小学校の卒業式の記憶は何故かありません。「蛍の光」「あおげば尊し」を唄ったような記憶がかすかに残っている程度でしょうか。
卒園式は私達が「おもいでのアルバム」http://www5f.biglobe.ne.jp/~futakoz/versoj/v-douyou/omoidenoalbum.htmを唄い、その先生達が涙流していたのを覚えています。
卒園式は、先生も母親にも流す涙には一緒に遊んだ思い出を一気に思い出して感極まりほとばしる哀情が込められているように思います。
父親は少し違うみたいです。
私と同様あくまで、子どもの成長の通過点として心に止め記録し自分の幼年期と重ね合わせているのではないでしょうか?
ビデオカメラをもって成長記録を撮るパパの姿には、哀情という感傷はあまり感じられないのですが・・・・。
子どもの成長記録は残せても、移り変わる月日の流れと忍び寄る老いの影は残せません。我が子の成長と引き換えに失う親の若さみたいなものを残せないものかと考えるのは私だけでしょうか?
【21.命のものさし】2005 Apr. 3

fcblog
work40

52.山雨来たらんとして 風楼に満つ


カタクリはあまり文学・古詩に縁はないのですが、何かの折に自分の琴線触れる言葉にめぐり合うことがあります。
この言葉もその中の一つです。これは許渾という唐の時代の詩人の律詩の一節です。
この詩は彼が北方、黄河の上流の渭水にかつて秦の始皇帝が都をおいた咸陽に行ったときに作ったものです。
・・・・時のうつろい、無常観に心惹かれます。

許渾(咸陽城の東楼にて) 

ひとたび高城に上れば万里の愁い
蒹葭・楊柳、汀・洲に似たり
渓雲 初めて起こり 日は閣に沈む
山雨来たらんと欲して、風楼に満つ
鳥は緑蕪に下りぬ 秦苑の夕べ
蝉は黄葉に鳴く 漢宮の秋
行人問う莫れ  当年の時を
故き国は 東来す 渭水の流れに

高い城壁に上ってみると、はるか万里の彼方まで寂しさが一杯だ
葦が一面に茂っている中に柳が幾つか立っているのは、
平原の中の岸辺や中洲のようだ
そんな時、雲は谷間に湧き、日は西の寺の屋根に沈んでいく
山間に降るにわか雨が押し寄せようとして、二階はつめたい風をはらむ
それを知った鳥達は緑の平原に舞い降りるが、そこは昔の秦の宮園
力のない蝉の声が、色づきはじめた木のしげみからもれてくるが、
そこは昔漢の宮殿があったところ
とはいえ、道行く人よ、当時の栄華のことは聞かないで欲しい
昔の国の面影は、この渭水に影をうつしてはるか東へ流れ行くのだから  
2005 Mar. 11
大座法師池

fcblog

51.蟹の求愛行動


コオロギにつづいて今度はカニの求愛です。
かたくりは、ヒトの求愛は自分自身の下手な体験と映画・アダルトビデオでしかみていないので、語るには力不足です。(-_-;)

全てのカニに当てはまる求愛行動ではありませんが、巣穴を作るカニでは繁殖期になると自分の巣穴の前で、ハサミを振りメスを呼び込みます。
巣穴を作るのが下手な横着なカニは、空き缶の穴の前でこれをします。
ハサミは多くのカニで左右非対称ですが、中でもシオマネキは顕著です。
これをやっているのをみるとつい連想してしまうのです。

若者が、派手な車を若いギャルに誇示して「ねえカノジョ、僕の車に乗らない?」

かたくりは、恥ずかしくてとてもできません。
2005 Feb. 28
fcblog
メスグロヒョウモン

50.こおろぎのラブソング


人間と動物、虫、こと求愛行動に関してはあまり変わりありません。
ヒトの場合、女性の気を引くために肉体美、楽器、恋の歌などで気を引くので懸命になりますが、動物も良く似ています。
一般に容姿も鳴き声も雄より雌の方が目立ちます。それは、雌に選択権があるからです。
容姿については、次回にして今回は鳴き声について綴りましょう。
鳥の求愛の鳴き声をスキップして、コオロギの鳴き声にテーマを絞ります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コウロギの場合、①雌を呼ぶときの鳴き声と②そばにいるときの鳴き声(calling song)③交尾した後の鳴き声(mating song)の3種類あります。
雄を引き寄せるときの鳴き声は、ライバルの雄がいるときの方が美しくよく響きます。
雌がそばにいると雄はいよいよくどきのcalling songを奏でます。ピアニストならさしずめ最初腕前を披露して、ひきつけたらノクターンでロマンチックな気分にさせるといった所でしょうか。
交尾後は、ヒトの場合にはそれでおわりですが、コオロギはアフターフォローがしっかりしていて、ちゃんとmaiting songを奏でます。
この辺は平安時代の貴族が、求愛の和歌を詠み一夜をともにした後、また文を書くという習慣に似ていて面白いですね。

話がそれますが、最近テレビドラマで「不機嫌なジーン」という番組がありました。めずらしく生物学を題材にしていますが私に言わせるともっと動物のいろいろな求愛行動について紹介して欲しかったなあ。 2005 26 Feb(一部改変)
fcblog
妖精

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。