Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

61.セクハラ


エレベータのなかで若い女性と二人きりになってしまったとき、男は気恥ずかしいものですが、女性の顔が赤らめばロマンスのはじまり、青ざめればセクハラの始まりです。
この際、男は何もしなくても女性の感情次第です。

ひらたくいえば、若い女性がエレベータに乗ったときに地震かなにかで止まってしまい数十分間密室状態になった時に、ペ・ヨンジュンさんのような美形とならば、手を握って「大丈夫だからもう少しの辛抱だよ」などとささやかれれば、心強く励まされ後に恋心に変わりえますが・・・・、

かたくりと一緒であったなら「この親父が近寄りませんように・・・」と願われるだけです。
手を握って「大丈夫だからもう少しの辛抱だよ」と同じことをしようとすれば、「密室の中でセクハラ行為をされた」と言われる危険性があります。
人は、生まれながらに平等でないことを肝に銘じるべきでしょう。
時代とともに流行り廃りはありますが、自分がその時代の寵児でないという自覚があるならば、若い女性のそばは要注意です。
かたくりは若い頃随分失敗をしました。
June 16 2005
fcblog
toiki

スポンサーサイト

60.羽衣伝説 <妄想バージョン>


羽衣伝説というのは、美保の松原だけでないようですね。
男が天女の湯浴みをしているのをみて羽衣を奪い、返す代りに天女の舞いをみせてもらうという話はなんと根の優しい男かと思います。
http://www.f3.dion.ne.jp/~koginkai/tenjisitu/kaisetu/k_hagoromo.html

カタクリならば、根が邪なので羽衣は返しません。
八人の天女が湯浴みしている場面に遭遇したら、しっかりと裸体を鑑賞しちゃいます。
で、羽衣をダシにして嫁にします。(^o^)丿
★男、天女の妖しき色に いと惹かれるに
★羽衣を奪わば、天に得帰えれまじと推りてそれを隠すなり。
★天界の女、湯浴みして次々に天に上り帰るに、女1人探せども羽衣見つからず。
★男、泣ける女の前に進み出て、羽衣を奪ったは我なり。もはや汝は天に帰えれまじ。
★三月ともに過ごさば、汝に返さん。とたばかるなり。
★女、天宮に仕えるものなり。未通女にあらざれば帰ること能わず。
・・・・弱みに付け込むいやらしさに自分で苦笑してしまいますが、これは男の本音です。
羽衣を奪って天女を嫁にするという発想は私だけかとおもったら、結構あちこちの羽衣伝説でも同じことしてるみたいです。色に弱いのは男の常です。(爆)
http://www.pref.shiga.jp/h/ki-doboku/hago.htm
http://www2.wbs.ne.jp/~ponta/3en/hagoromo.htm
http://www.biwa.ne.jp/~edo-shin/minwa1.html

しかしながら、そんなかたくりでも既婚というシチュエーションでこういう場面に遭遇すると話は別です。根がエッチなので裸体鑑賞はしっかり致しますが、誘惑されても泣いて撤退です。
契りません・・・理性がもてば・・・多分・・・・(-_-;)
☆天界の女その身の湯浴みをみらるることひどく恥じらいて
☆毎年7月7日に地に下りて湯浴みするは、天女の清めなり
☆この肌をみたはそなたのみ、もはや天界に帰らず汝の妻とならん
☆男、妻と娘もつ身なればそなたを娶ることあたわず。
☆裸をみたは気の迷いなり、償いに歌を唄わん(尾崎豊/I LOVE YOU)、我が唄い終える前に去るべし。
☆女、しばし聞きてなごりおしみながら、舞い天に上りけり。
☆天上より、翌年の七夕にまた降りぬ。年に1度なれど汝の歌また聴きたし、君我がためにまた唄いたもう・・・・
☆男、答えず。
時代考証も何も無視した妄想です。
女性は好き・・・でもチョンガーと既婚とでは立場が違うという箍を一応はめています。
カタクリの理性など自分でも当てにできませんが・・・・・ 2005 May 2
fcblogtennyo

18.1 旧制松本高校 思誠寮寮歌 春寂寥(補遺)


思誠寮寮歌「春寂寥」は18.で紹介しましたが、春夏秋冬全ての歌詞がわかりましたのでご紹介します。
<アルペンの風さつさつと吹き来たり吹き来去る信濃の高原に 青春多感なりし歌声を持って
いざや歌わん松本高校思誠寮寮歌 「春寂寥」
EIN! TWEI!! DREI!!!>
春寂寥(せきりょう)の 洛陽に
昔を偲ぶ 唐人(からびと)の
傷(いた)める心 今日は我
小さき胸に 懐(いだ)きつつ
木の花蔭に さすらえば
あわれ悲し 逝(ゆ)く春の
ひとひら毎に 散る涙

岸辺の緑 夏木立
榎葉蔭の まどろみに
夕暮さそう 蜩の
果敢(はか)なき運命 呪いては
命の流れ 影あせて
あわれ淋し 水の面に
黄昏そむる 雲の色
 秋揺落(ようらく)の 風立ちて
 今宵は結ぶ 露の夢
 さめては清し 窓の月
 光をこうる 虫の声
 一息毎に 巡り行く
 あわれ寒し 村時雨
 落葉の心 人知るや

 嵐は山に 落ち果てぬ
 静けき夜半の 雪崩れ
 榾(ほだ)の火赤く さゆらげば
 身を打ち寄する 白壁に
 冬を昨日の 春の色
 あわれ床しき 友どちが
 あかぬまどいの もの語り
(吉田実作詞・浜徳太郎作曲)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<アルペンの風・・・>は一般の信州大学の学生には殆ど知られていません。
<古き名門の子女を恋するを純情の恋と誰が言う。
路傍に行き交う乙女に恋するを不浄の者と誰が言う。
泣いて笑って月下の酒場で媚びうる娼婦にもまた水蓮のごとき純情有り。
風吹かば風吹くもよし、雨降らば雨降るも良し
酒は飲むべし百薬の長、女は買うべしこれ人生無上の気楽なり。
容色美人の膝枕に快楽の一夜を過ごさば、金もなくまた夢も無し。
ああ、いざや唄わん
松本高校思誠寮寮歌「春寂寥」アイン、ツバイ、ドライ>という前口上が好まれました。
寮歌のティーアップに用いられたこの文句は本来は、旧制松本高校のものでなく、北大の寮歌のものと聞いています。

詩も前口上も、今振り返れば恥ずかしいものですが、これを仲間と唄い自分の孤独を慰め将来を模索していた頃がありました。
2005 May 2

fcblogbattle

59. 今昔物語より 恋のレクイエム


古典からの引用ですが、心の矛盾を描いたラブストーリーです。『11.ワニのいる河』もあわせて読んで頂ければ幸いです。原文を損ねない程度に少し手を加えました。

今は昔、大和の国に一人の娘がいた。大層器量がよく父母は大切に育てていた。
また、河内の国に住む人に一人の男がいた。年も若く男ぶりもよかったので、京に上って宮仕えし、笛を上手に吹いた。気立てなどもよかったので宮中でも評判だった。
そのうちこの若者は、大和の国に美しい娘がいると伝え聞き手紙を送って熱心に求婚して、はれて添い遂げることができたが、3年ばかり一緒に暮らして夫が思いがけず病気になりに2.3日わずらううちに、あっけなく亡くなってしまった。
女は、嘆き哀しみ恋しさに狂わんばかりだった。その国の若者達が沢山手紙を送っては求婚してきたが、女はふりむきもしないでなおも死んだ夫だけを恋慕って泣き暮らすうちに3年目の秋になった。
女が悲しみに泣き伏していると、夜半頃に笛を吹く音が聞こえてくる。亡き夫によく似た笛の音だと一層悲しみが深まり涙があふれた。
その笛の音が近づき、女の敷居戸のそばに立ち
「戸を開けてくれ」という。
その声はまさしく夫の声なのでびっくりして懐かしく思うものの恐ろしくもあって戸を開けることができなかった。
隙間から外を窺うとまぎれもない夫がそこに立っている。
立っている様子は、生きていた頃と変わらないがやはり恐ろしかった。
夫の身体から煙が立ち昇っているので女はいよいよ恐ろしくてものも言わないでいると
男は、「お前があまり私のことを恋慕ってくれるのがあわれなので、無理やり暇をもらってやってきたのだが、ひどく恐がっているようだからもう帰ろう。日に3度火の燃える苦しみを受けているのだ」
死出の山 越えぬる人のわびしきは
    恋しき人に あわぬなりけり
といって、笛の音が遠ざかりやがて消えた。
(出典:今昔物語 死せる夫の来たるを見ること 第二十五)

-----------------------------------------------
この女性が嘆き悲しんだのは誰のためだったのでしょうか?
そして、この夜以降も夫のために泣いてくれるのでしょうか?
『11.ワニのいる河』を渡った娘と死んでから妻のもとに訪れた男も愛情を伝えたくて訪れて恋破れました。
2005 Apr. 29

fcblog見上げる

58. 寺尾聡の白い日記から  愛と旅立ち


もう、30数年も前になりますがラジオの深夜番組で寺尾聡さんがやっていた人気番組『白い日記』から今でも印象に残っている朗読を載せました。

言葉のない愛
夢のない眠り
何も書かれていないページ
青春はいつも空白です
空白を綴るこの時
白い日記
----------------------------------
「彼女は?」
と僕は聞きました。それだけでもちろん通じるんです。
「来ないよ。今日発つって言ってないもん。」
彼は白い歯をみせてちょっと笑いました。ホームのスピーカーが彼の乗る汽車の時間がせまっていることを告げています。
「彼女のことだけど・・・・」
僕が言いかけると、それをさえぎって彼はこう言いました。
「お前、魚が好きだったっけ。だったら向こうから干物でも送ってやるよ。じゃあな。」
「彼はそう言うと早い足取りで言ってしまいました。」

彼は医者になりたてのほやほやです。彼の両親は彼が大学に上って医者としてのエリートコースをまっすぐに進むことを望んでいましたが、彼はどういうわけか高校生の頃から
「自分は医者のいない土地の医者になる」
そう決めちゃっていたんです。
「お前、ひょっとしてシュパイザーきどり?」
いつか口の悪い友達が聞いたことがあります。
「とんでもない。他に医者がいなきゃ俺でもそこでは一番の医者ってことになるだろう。」
彼はそんなふうに答えたものでしたけど・・・・。

ある時期、彼は迷っていたんです。
恋をして、その恋人が大きな都会にいなければやっていけない仕事をもっていたから、その迷いに彼はとうとうピリオドを打ったんです。

彼の生き方について今のところ僕には何もいえません。
それが本当に彼の為になるのかどうか分からなかったのです。
只、自分の思っている方向に自分の意志を通じて足を踏み出した彼、その背中に向かって呼びかけるだけです。言葉にならない言葉を・・・・・。

朗読(寺尾聡) Background music(あの愛を再び) 2005 Apr. 29

fcblog
work79

57. パンツをはいたサル


ヒトがどれほどサルに対して種として独立しているかは、形態的には一目瞭然ですが定義付けをしてサルとヒトを区別するのはかなり困難です。
霊長類→真猿亜目→狭鼻下目→ヒト上科(類人猿<手長サル科・オラウータン科>・ヒト科)→ヒト科→ホモサピエンス
DNAレベルでは、類人猿とヒトは大変近くチンパンジーとはその差は検査方法にもよりますが、1~3%程度です。
通常の生物統計学的な検定をする場合、一般的な有意水準は5%なので、極論を言えば類人猿とヒトのDNAに生物学的に有意な差がみられず、同一母集団の変動範囲内ということになります。
現生のヒトと高等霊長類との遺伝子DNAの共有度。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-1/se-0-5.htm
    ヒト-----------------100%
    チンパンジー-----------97%
    ゴリラ-----------------96%
    オランウータン----------93%
    テナガザル-------------90%
    アカゲザル-------------88%
サルとヒトでは余りに遺伝子が近いため、バイオテクノロジー分野の実験では規制があり、ヒトの試験管内での異種の受精はハムスターなどが使われており、サル以上の高等動物は用いられません。
再生医療では堕胎の胎児組織の利用、細胞融合技術を応用したヒトと蚊のハイブリド細胞などかなりタブーを犯しつづけていますが、ヒトとチンパンジーとの間の人工受精という行為だけは犯していないようです。

ヒト及び類人猿と他のサルとの形態的な差は、無尾であることともう一つはなんと鼻毛があることです。他のサルでは鼻毛がありません。(笑)
道具を使う、言葉をつかう、二足直立歩行というヒトの知能・行動に対する特徴をとなえてもイルカ・チンパンジーなど知能の高い動物と境界線を引くことは困難です。

ヒトの種としての独立性について、調べた範囲ではヒトの染色体は46本(相同染色体23対)、チンパンジーは48本(相同染色体24対)で異なりますが、ヒト第1染色体がチンパンジーの第11と第12の染色体の結合(転座)によるものです。
遺伝子が殆ど同一で染色体の相同性がたもたれているので、もし試験管内で受精させた場合、かなりヤバイことになると思われます。

種の定義は、生殖学的に独立していること(交配した場合、発生中止。あるいは発生個体が不稔であれば雑種であり親世代は別種)という大前提で考えた場合、ヒトは一応類人猿と種として独立していますが、数百万年という時間は、『ヒトを万物の霊長』とおごり威張る程には差がないことを自覚するべきでしょう。

話は飛躍しますが、宗教上・人種の差で争うのは実に愚かしい行為と思います。
言語が殆ど無いゴリラ・チンパンジー・オランウータンが個人主義または集団生活を営み同種間の争いが殆どないのに対し、コミュニケーション能力がありながら・・・・。
--------------------------------------------------------------------------
哺乳類の出現が約2億5000万年前、哺乳類型爬虫類が出現し、食虫類(モグラの仲間)が出現しました。
最古の類人猿は約3800万年前で、2000万から700万年前には類人猿によく似た動物がアフリカとユーラシア大陸に広く分布。
そして500万年前、人類の祖先は類人猿の祖先と分岐してラマピテクス→猿人→原人→旧人→新人という進化をしました。 2005 Apr. 21

fcblogwork72


Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。