Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

85.杜子春

芥川龍之介の名作『杜子春』、これは私の大好きな大人の童話です。
カタクリバージョンの杜子春を書いてみましょうか。
唐の都洛陽の西の門に、みすぼらしい格好をした男が一人いた。
その名は、杜子春といって元は良家の息子だったが、仕事嫌いの遊び好きで両親の死後は財産も使い果たしてその日暮らしにも困るほど落ちぶれてしまった。
自尊心から物乞いをする気にもなれず、途方にくれていると、眇めの老人が通りがかり杜子春に興味を示し
夕日に立って自身の影の頭の部分を掘ればきっと都一の大金持ちになるだろう
という言葉を残して去っていった。
杜子春は一日のうちで都一の大金持ちになった。
毎日美女をはべらせ淫蕩にふけった。
しかしいくら大金持ちでも財産に限りがありだんだんと貧乏になっていった。
すると、昨日まで媚をふっていた美女が一人また一人とこなくなっていった。
以前のように無一文になったころ、また洛陽の西の門でたたずんでいるとあの不思議な眇めの老人が通りがかり
夕日に立って自身の影の胸の部分を掘ればきっと都一の大金持ちになるだろう
ということばを残して去っていった。
杜子春は一日のうちで都一の大金持ちになった。(繰り返しになるので中略)

以前のように無一文になったころ、また洛陽の西の門でたたずんでいるとあの不思議な眇めの老人が通りがかり
夕日に立って自身の影の・・・・・
杜子春は老人の言葉をさえぎって言った。
老子様私はもうお金は要りません。人間というものに愛想が尽きたのです。
人間は皆薄情です。私が大金持になった時には、世辞をいい親戚縁者・知人・美女も寄って来ますが一旦無一文になってしまえば誰も振り向いてくれないのです。
私は老子様の弟子になって仙術を学びたいのです。どうか弟子にして下さい。
というわけで老人の弟子の試練を受けることになった。
老人の出す課題は3回、1つ目は千尋のがけを途中までおりて生えるている岩タケをとってくること、2つ目は竜のひげを切ってくること、3つ目はその二つを煎じてつくった霊薬で泰山の南のふもとで病に死にかけた娘を看病することだった。
1つめと2つめは死ぬほど怖い思いをして結局失敗し、3っつ目の課題の娘を看病した。
美しい娘だったが全身に血の気はうせ唇は紫色で息をするのも苦しそうだった。
娘は、苦しい息の中から自分のかなえられなかった夢を切れ切れにかった。
そんなことは杜子春は一晩で大金持ちになった頃考えもしなかったことだった。そして自分も人生をやり直したいと思った。
娘は一通り語ったあと、眠るように息をひきとった。
杜子春は勇気がなくて霊薬をとることができず、娘を助けられなかったことを死ぬほど悔いた。
杜子春が泣いていると例の老人がやってきて
お前は仙人なれなかったことを悔やんでいるのか?」と尋ねた。
いいえ、この娘は死ぬ間際まで自分の夢を語っていました、医者になって自分のように病に苦しむ人を助けたかったそうです。
私は自分が楽しく生きることのみ望んでいました。私のこれまでの生き方は恥多き人生でした。
この娘のなきがらを弔い、その後は何になっても人間らしく正直に生きていきたいと思います。
katakurijp2006 老人は、
それならば俺から餞別をやろう
といって、呪文を唱えて娘に息を吹きかけ霊薬を飲ませた。
するとみるみるうちに生気がよみがえり、死んだはずの娘が起き上がった。
実はこの娘は俺の孫娘だ。
あの山に少しばかりの畑だが一緒におまえにやろう。
野菜や薬草を植えて一緒に暮らすがいい。
春になれば、一面にかたくりが咲いて目を楽しませてくれるだろう。」
そう言うと、老人は忽然と消えた。

エピローグ
名作を汚すようで気が引けたので今回は色気抜きにしました。『杜子春』は大変含蓄の深い短編小説だと思います。
2 Aug. 2006
スポンサーサイト

84.女房酔わせてどうするつもり?

私は、若い頃はウイスキーのCMに出てくる美女に魅惑されてころころと変えて飲んでみました。

真野響子さんのカティーサーク、名取裕子さんのサントリーウイスキーなど等。
実のところウイスキーの香りの命ともいえるピートが私は好きではないので、ワイン・ビール・果実酒たまにブランデーと日本酒を最近はのんでいるのですが・・・・・

女房

“女房酔わせてどうするつもり?”
15年前に中野良子さんがはじめてつかったニッカウヰスキーのCMの名セリフです。
石田百合子さんのあの表情いいなぁ。
あの表情でこんなことを言われたら・・・・・
理性がくずれてしまいます。

“どうするって、そんな表情でいわれたら・・・・・
もう・・・・たまりまっしぇん。
今夜はいいなりになります。降参です!”
というしかありません。

“もう立てないから、寝室までお願い。

そんなことを言われても大丈夫なように、少し体を鍛えなおそうかなあ・・・・・。
結婚当初、玄関から寝室まで花嫁を抱えて運んであげると幸せになれるとかで、無理やりさせられました、
寝室は2階なので結構しんどかったです。
大変疲れてしまいその夜のことは記憶にありません。
24 July 2006

83.引越し荷造り<後日談>

これまで、学生時代をふくめて12回の引越しをしました。
荷造りは毎回面倒なもので、決して使用しなくても捨てられない荷物がありました。
私の場合、生来生理整頓が下手で物が捨てられず引越しのたび使わない荷物が増えるのです。
結婚してからは、そういうわがままが許されず、内儀さんの意向により大切な大切な愛読書の漫画を大分処分されました。野部利雄さんの「のぞみウイッチーズ」「弥生の大空」河合克敏さんの「帯をぎゅっとね」小山ゆうさん「おれは直角」など大好きな本を静岡から神奈川に転居する際に手放しました。(T_T)
また、私が秘蔵していた丸秘ビデオや愛蔵の丸秘写真・雑誌類などごっそり処分され売上金3千円也を手渡されたことがあります。(涙)
娘達の教育上よろしくないという大儀はごもっともで反論できませんが、あんなポーズやこんな悩ましい画像を・・・・・大半を失いました。

内儀さんの検閲というのは、私の癖を把握しているので空港の税関よりも丸査の検査官よりも嗅覚が鋭くこれを出し抜くのは大変難易度が高く、今回の引越しの荷造りでも一番神経を使いました。(笑)
米国に出張した当時買い求めたご禁制品はいつのまにかちり紙と交換されてしまい、いまはスキャナーで磁気媒体としてZipに保存されたわずかな画像のみとなってしまいました。
今手元に残った写真・雑誌類はわずかに十数冊となってしまいました。
これらをなんとしてでも守るべく、新居引渡し後PC・SCI類と同様自分で運んでまず屋根裏に一時保管しました。
こうしてカナダで入手したご禁制雑誌はかろうじて何冊か手元に残りました。
現在、壁にくくりつけの本棚は壁2面(6箇所)ありますが、生き残りの漫画本とアルバム・語学関係・趣味・専門書などをおいて内儀さんと共有したらすでに満杯状態になって今いました。私の好きな西村寿光氏の本も危ないなあ・・・・・・
年頃の子供を持つ父親というのは結構切ないものです。
秘蔵本を隠し持っているほうが、愛人のダイヤルやメールアドレスを携帯に記憶させておくより罪は軽いと思うけど・・・・・・。
July 23 2006

82.新居


からとつですが、新居ができました。明日引越しです。
数年前より家族から生まれ故郷でもあるこの地に家を建てようといわれつづけそれをかたくなに拒んでいました。
家は一生に一度の買い物とよく言われますが私にとってこれは2度目です。
長女が1歳のとき77坪ほどの土地に4LDKの家を建てました。

広い庭と太陽熱温水器のある風呂が気に入っていました。
その庭に普通のさくらんぼより少し小ぶりでGW過ぎには熟す実桜とコクワ、駐車場から玄関まで阿字ヶ浦に何度もいって運んできた蛤のかけらを敷き詰めた庭もとても大好きでした。
まだ生えそろっていない芝の上でビニールプールに水を張り長女と近所の友達と遊ぶ姿が微笑ましかった。
私の夢のすべてを託した家でした。
仕事の都合で引っ越さなければならなくなった後にも手放す気にはなれずいつかは戻るつもりでした。
次女や三女にも庭で水遊びをいつかさせたかったなあ。
借り手が変わるたびに増える修繕できないキズや古びていく姿を見るのが悔しかった。
いつだったか、空家になった我が家の掃除や手入れに娘三人を連れて行ったときに、風呂の中ではしゃぎしばらくそこに住みたいと娘達も言いつづけていましたが・・・・・

近くに”ゆかりの森”という自然観察のできる森林が残され、キャンプができ、初夏には蛍が飛び交う日本の原風景の残る場所があります。

今の内儀さんに目を閉じさせて、私が彼女の目の代わりになって周囲の木々を触れさせ周囲の音を感じさせた場所です。この信頼歩行をしてやっと結婚する気にさせた思い出の地でした。

かたくなに拒みつづけていた新居ですが、借家住まいの窮屈さを戻るあてもたたないままこのまま家族に強要することもできずついに折れました。
心境としては、愛妻を残して遠方に赴任してずーっと悶々として、まわりの誘惑にまけて現地妻をもらったような心やましい気分です。
新居はオール電化、太陽光発電、1.25坪の風呂場などそれなりに時代の新しさはちりばめましたがそれでも苦しいですねこの浮気は・・・・。
最初の家に戻れたら植えようと10年間運びまわした鉢上の山葡萄を新居に植えてしましょう。
その昔前の家に阿字ヶ浦のハマナスの種をまいて苗を育てたことが有りましたが、去年鉢にまいて今年数株苗が育ちました。

これも新居の庭に植えて育てみましょう。
家族にはどううつるか知りませんが、私はまだ最初の持ち家の面影を追いつづけています。
June 26 2006

81.手紙


・・寂しさのつれづれに手紙をしたためています、あなたに・・・
黒いインクがきれいでしょう青い便箋が悲しいでしょう・・・
井上陽水さんの名曲『こころもよう』のフレーズです。

少し前までの遠距離恋愛では、電話代が高かったので恋人同士の交流は手紙が主流でした。
出した手紙の返事が待ち遠しくいつまでも気にかかったものです。
特に片思いの相手にはじめて手紙を出した後というのはいわずもがなです。
現代では手紙から電子メールにすっかり取って代わってしまいました。

* 好きです。つきあって下さいませんか? *
* ありえな~い§^。^§ *
わずか数秒で返事がもらえます。それが幸せなことなのか不幸なことなのかは別ですが、お金も時間もかからず、便利な世の中になったものです。

最近はめっきり手紙を書かなくなりました。
私も若いときには、字は下手なくせに筆まめでよくせっせと手紙を綴りました。
文章力もないので何回も下書きをして便箋に5枚ぐらい書き込んで、重量リミットすれすれでよく出したものです。
何回も推敲を重ねているので出した手紙の内容まで覚えています。
私はもらった手紙というのをなかなか捨てられずに残しておく性質なので今の内儀さんにすべてばれてしまいました。

他の人はどうなのでしょうか?
過ぎ去った恋に終止符をうつために、ひとつひとつ読み返して燃やしていくというのは誰もが経験したことなのでしょうか?
携帯やPCでつづったメールならキー操作で簡単なので私でもできそうですが、手紙の場合、筆跡・便箋・封筒にまで心配りがされていて私にはできないなあ・・・。

ちなみに内儀さんは、私の出した手紙までしっかり処分されてしまいました。
彼女は私がもっている他の女性の手紙より自身で出した手紙のほうが燃やしたいようです。
また新しい隠し場所に移さなければ・・・・。
May 18 2006

80.恋のスタンプ

また、とっぴな発想を綴ります。

ギフチョウやウスバシロチョウのような古いアゲハチョウの属では交尾をすると雄から出す体液で受精嚢をつけ、交尾雌か未交尾雌が判別できます。
受精嚢は貞操帯のようなもので、一度交尾をすると二度目の交尾はできません。
自然界において普通昆虫たちはほとんど交尾は生涯1度なので、とりたてて騒ぐほどのことではありませんが、なんとなく貞淑なチョウだなあと思ってしまうのは私だけでしょうか?

もし、人間が昨晩の情事がスタンプとして顔にでるような生理になっていたら、どんな世界になっていたでしょうか?
きっとイスラム圏の民のように、女性は公衆の面前では顔をベールで被うようになってしでしょう。
男も、聖職と呼ばれる人たちは、何だかんだと理屈をつけて同じように顔を覆ってしまうかもしれませんね。
たとえば、清廉潔癖をアピールする政治家(独身の政治家は大変だ)、教師(独身者は教師になれないなあ)、牧師・神主・僧など本音と建前のかけ離れたことをいう人が少しは少なくなるかもしれません。
顔のスタンプを隠しながら、別の女性を口説く不心得ものが少なくなって女性とって少しは住み良いか、はたまた不倫や結婚前の情事ができなくて居心地の悪い世の中だ思うかは、それぞれの価値観が反映されます。

いろんな理性と本能のはざまにゆられながら、矛盾に満ちた行動をするから人生は面白いのでしょうね。出会いを大切に正直に生きられればそれが一番ですが・・・・。
26 Mar. 2000

妖精

79.語感

これは私の独断と偏見かもしれませんが、日本語というのは実にボキャブラリーが豊富で繊細な言語だと思います。
ひとつの言葉の持つイメージの良し悪しで生まれる縁起ゲンかつぎなどもあるくらいです。
「猿」は「去る」に通じるというということで忌み嫌われ「得る→エテ公」と呼ばれ逆に縁起物とされたり、「芦」が「悪し」の音と同じことから、「善し」の音となる「ヨシ」と呼んで井戸を埋めたりする際の縁起物にしたりと音の響きのもつ効果は絶対です。
で、言葉の響きで流行り廃りもけっこうありますね。
以前、所ジョージさんが暴走族を取り締まるならば、「族、暴走族」などという響きの良いことばは使わず、彼らを「おまんじゅう」と呼びましょうといったことがあります。彼は今でもそうですが、格好から入る人たちには耳が痛いかもしれません。
「不倫」というのも罪・背徳・悲恋などのイメージがつきまとい切なさが響く言葉かも知れませんね。
もし「不倫」という言葉がなくその行為が「エンガチョウ」もしくは別の意味ですが「乳くり合い」などという言葉しか存在しなければ、「私は上司と不倫中なの」の変わりに「私は上司と乳くり合い中なの」という内緒話や日記ブログはみっともなくて告白話は殆どなくなるかもしれません。
健全すぎる世の中というのも考え物ですが、言葉の響きで左右されるような流行ならば、時間とエネルギーの無駄使いだとおもうなあ・・・・。
「売春」の代わりに「援助交際」の言葉を作り出した人のキャッチコピーの才能は豊かだと思いますが、罪な発明をしたものです。

また、被害者の心情を考慮した上での法律用語かもしれませんが、「婦女暴行」というのも犯罪行為に対してもっと情けない表現になることで犯罪抑止にはならないかあ。

より格好の良い語感が好まれるなかで「キャリア ウーマン」があまり使われなくなって「負け犬」という言葉が流行りだしたのは不思議な現象ですね。陰湿で気に入らないですが・・・・
20 Mar. 2006

78.記憶に残る名選手達

トリノオリンピックからもう1年が過ぎました。昨年綴ったオリジナルHPからのリメイクです。少し時間のずれがありますが・・・・

4年に一度日本中の国民全員に期待されるプレッシャーというものはどれほどのものでしょうか。
ひたすら自分のために技を磨き一番になることだけに専念できるならいいのですが、そうならないのが日本人の国民性です。
選手は出身校、サポーターへの義理、両親の対面などがんじがらめになりながら競技に参加するのですから。
とはいえ、リレハンメルの失速ジャンプで団体優勝を逃した原田選手が閉会式のときにセンスを腰につけておどけて会場にきたときには不謹慎な男だと私も思いました。
閉会式の会場でアナウンサーから「ジャンプの感想は?」と聞かれても「その話はなしにしましょう」とかわしてました。
で、4年後の団体優勝で「これでもうあの時のことは帳消しにして下さい」という言葉でこの選手にとっての4年間の長さ悔しさ深さを思い知らされました。
トリノのノーマルヒルではまさかの体重で失格。あの年齢でプロフィールでは173cm、58kgとあります。いかに過酷な精進を続けているか想像に難くありません。
おくびにも出さずに何があっても笑顔を見せる原田選手はジャンプ史に残る名選手だなあと思いました。

岡崎朋美選手女子500メートル4位。
「もうひとはな咲かせる」といって日本をたって0.05秒の差に敗れました。
長野オリンピック銅メダルの時の朋子スマイルは日本中を元気付けました。椎間板ヘルニアを克服してソルトレークからの4年は年齢との戦いだったと思います。40秒に満たない時間を0.01秒縮めるためにどれだけ肉体を酷使してきたかは、あの太ももの張りをみれば想像にかたくありません。
レースを終えて「力を出し切ったことで許して欲しい」という感想は、聞いていて痛々しかった。
メダルには届かなかったですが、故障を克服し年齢の限界をねじ伏せた見事な記録に拍手です。
タイムは長野オリンピックを上回る記録でした。また2回の試技とも同タイムは見事!
長野オリンピック(①38.55 sec ②38.55sec)、トリノオリンピック(①38.46 sec ②38.46sec)
Feb.16 2006
追記:今年も岡崎選手が一線で活躍しています。がんばれ

77.かたくり的恋愛観

いつも思うことですが日本の恋愛映画やドラマでは、男と女が出会って惹かれあう過程を描くのが実に下手だと思います。
あいまいにぼかして、逢瀬を重ねてそこから先は快調に恋愛のストーリーが展開するというのがパターンで、物事をハスに眺める癖のある私はしらけます。
どうしてその程度のきっかけでそんなに情熱的な恋愛になるの~と納得がいかないのです。
恋のきっかけを描くのが下手ならばせめて夢のあるラブストーリーにできないものかと。
で、愛を誓いながら冷めてしまったり、浮気・不倫シーンを見ると憤慨してしまいます。
生きることをナメてるんでない?と

自分の遺伝子を残すため本能のままに雄ならば相手が雌であるだけで立派な恋愛対象になる動物の世界のほうがよほど素直でわかりやすいのです。
多くの場合、出会いは確率まかせでかつ命がけだからドラマがあります。
鳥では、普段は天敵から逃げるだけの雄が恋の時期だけは、狙われるのを覚悟でひたすらさえずり雌に自分の鳴き声を届けようとする。
鮭が片道切符で生まれた川を遡上し、傷つきぼろぼろになりながら上流で雌と死の直前に産卵と媒精する。
ヒキガエルが長い冬から目覚め、雌に何匹もの雄がのしかかり奪いあう様は、戦いそのものでかわず合戦とはよく言ったものです。
カマキリの交尾は怖いです、雌は動くものは何でも餌という認識しかないので、食べられないように雄は時間をかけて雌のそばにいき交尾し始めるときには自分の頭から食べられ始めます。

一途に、限られた自分の命を燃やし尽くしながら、次へと命を紡ぐ様をみているとちょっと人間の恋というものが少し反省することあるんでないかい?と疑問が湧いてしまうのです。

孤独で思いっきりさびしい思いを耐えた末に出会った恋ならば、縁を大切にしようという素朴な感情を残りの人生を終えるまで持ちつづけられないものかと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
matsuri

遠い昔、高崎でふるさと祭りの写真を撮っていた時に、ぼうやを肩車した法被姿のお父さんの額を浴衣姿の若い奥さんが汗を拭いてあげるしぐさを目にして大変うらやましく思いました。
そこに家族愛があり、重ねた信頼とか思いやりとか幸せとかがうかがえたので。
で、私の当時の夢は、結婚したら出勤前に奥さんの手のひらをにぎりながら “これからいってくるけど、できるだけ早く帰ってくるから待っててね”と毎日名残を惜しみながら出勤してみたいなあ・・・・というものでした。
Feb.15 2006

76.女性のトーン

このトピックには久々に独断と偏見と僅かばかりの動物学的根拠をからめました。
長い間、殆どの女性が電話の応対に出るとき「はい、もしもし○○です。」のトーンが普段よりずっと高いのが不思議に思ってました。

一般的には、トーンの高さは楽しい時、興奮状態を示し、トーンの低さは冷静状態もしくは冷めている状態を示しています。
アナウンサーがニュースを読む声や事故現場での報道も、低い声でというのが基本だそうです。

例えば、ジェットコースターの搭乗時やアイドルに向かって叫ぶ“きゃ~”や相手に好意を示しているときにはトーンの高い声になります。“いや~ん、ばっか~んはいうまでもありません。

したがって、まだ密月状態の夫婦間の電話ならば「はい、もしもし○○です。」(^o^)丿
「あら、あなたなの」(^o^)丿
「・・・・・・・・・・じゃあ、早く帰ってきてね
文節ごとに少しずつトーンがあがります。
一方、夫婦生活も長くなると、夫が外から電話をかけると「はい、もしもし○○です。」(^o^)丿
「あら、あなたなの」(-_-)
「・・・・・・・・・・わかった、気をつけて帰ってきてね<遅けりゃ先に寝るから>」(-.-)
文章では、トーンの高低はあらわせませんが、雰囲気わかりますね。

蜜月・倦怠状態と感情の起伏とトーンの高低には万国共通で、鳥の求愛(高)と地鳴き(低)、
犬でも飼い主や異性の犬にまとわりつくときには
“クーン、クーン”“キャン、キャン
威嚇の時には“ウー”“ワン、ワン といったように一目瞭然です。

話を電話に戻すと、トーンについて一定の共通の傾向があることはわかりましたが、世の女性の電話応対時ほど声が高くなるのは、アジア人共通の特徴で西洋の女性はそれほど顕著ではないそうです。男性の場合は、万国共通で変化はありません。

独断ですがこれは、相手への好意・関心の示し方が体全体で表現する西洋女性に対し、アジアでは比較的シャイなため豊富なボキャブラリーと声の抑揚で感情を伝えようとする文化的下地の違いかなあと思うのですが、賛同してもらえるでしょうか? Feb.06 2006

ある日のネットの危ない体験

この記事は、無線LANルータ「Atermシリーズ」協賛のブログ記事コンテストにエントリー中です。無線LANルータ「Atermシリーズ」
シェアブログatermに投稿

先日、未承諾メールのURLのタイトルにつられてついクリックをしました。
過激な画像が一杯あってけっこうそそられましたが、画面のクリック直後に会員登録の表示と9800円の請求表示がでました。
以来毎日督促のメールが沢山きますが、振込み先の口座が明記されてません。
<支払いが一日遅れるごとに支払い料金の1%の遅延延滞金が順次加算>されて督促のメールが来ます。
以前ラジオで、この手のワンクリック詐欺の悩み相談を聞いたことがありますが、これらの手口は、口座は足がつかないようにすぐ閉鎖するのでおそらく、メールには連絡先のみ載せて振込みの口座を電話で問い合わせてきたときに、その電話番号宛てにノイローゼになるほど振込みの催促をするらしいです。
これが噂のワンクリックメールかと思いながら、またサイトに入ってあんな画像やこんな画像をしっかりと観賞しました。

ご禁制画像がふくまれているにもかかわらず、これで
<未払い状態が続くと所轄の裁判所を通じて民事執行手続等の強制執行督促へと移行する可能性がある>
と警告とともに私のメールアドレス・IPアドレス、御利用日時を載せて毎日利息を追加して督促してくるのです。
大変不届きとおもい、<警視庁 ワンクリック料金請求にご用心>

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/haiteku/haiteku35.htm

宛てに通報しました。
健全な男性の好奇(スケベ)心をえさに金を巻き上げるというのは古来から実に多様な方法がありますが、知ってて引っかかるというのもこれまた懲りない男の性と言いましょうか。
この拙い文に目を通してくださる方達は、私のような馬鹿なことはしないと思いますが、万一ワンクリック詐欺にひっかかった場合には、自分の電話番号は決して知られないこと、そしてヘッダー情報を添えて上記のURLもしくは下記のURLなどにも通報されることをお勧めします。→http://www.e-coolingoff.com/adult/ad_jirei.htm
しつこい督促には警告として効果が期待できます。これまでこの手のワンクリック詐欺は3回ほど経験しました。幸いにしてまだ実害は出ていませんが、ウイルスバクスターでスパイウエア除去機能をオンにしておいても、別のソフトでスパイウエアを検索すると毎日10~20個検出され迷惑メールは毎日数百通届き、残念ながらこれには今も頭を悩ませております。
フィッシング詐欺というのも最近よく目にしますが、怖いですね。
fcblog

75.子供の遊び

昭和が少しずつ遠くなってきましたね。
今の子供たちをみていると塾・勉強・テレビゲームと大分私の子供のころと育ち方が違います。
これから紹介するのはあくまでも私の体験です。当時の子供すべてがそうだったというわけではありません。

私は勉強が好きではなかったので、宿題はほとんどやらず学校でよく先生に叱られました。
学校から帰ると兄や兄の友達や近所の子供たちと遊びました。
年齢の幅が広く年長者から野外でのいろいろな遊びを教えてもらいました。

草笛:いろいろなバリエーションがあり、私ができたのは3~5通りぐらいです。一番簡単なのはカラスノエンドウのさやを半分ぐらいにちぎって中の種を出して笛にして鳴らすというものです。唇にはさんで鳴らすうちは初心者で、下と上顎に笛をはさんでエンドウのさやを見えないようにして鳴らしました。音は「プ~」

巻貝の笛:カワニナを捕まえて、蓋が閉じないうちにすばやく蓋ごと貝の内臓を取り出し中身を空にして人差し指と中指の間にはさみ強く息を吹き込むと「ピ~」という高い音がでます。
カワニナは寄生虫肺ジストマの中間宿主ですが当時はそんなことは知らず、水洗いもせず川から採集して、内臓を空にしたものをそのまま鳴らしていました。

川遊び
子供の川での小魚をとる方法は、ポピュラーなものは2通りあります。
電柱の碍石に釣り糸を巻きつけておもりとし、川原の石の裏にいるザザムシ(カガゲラ・ユスリカの幼虫)を釣り針につけて流れの速い浅瀬にしかけておくと数分~十数分で10cm前後のウグイ・オイカワが捕れます。
運がいいと碍石を投げた瞬間に魚がかかりました。
手掴みで獲る場合には、手のひらをL字形に親指を離して水の流れの逆方向から石の隙間を両側から滑らしながら両手を近づけると石の隙間に潜んでいる魚を捕まえることができます。
コンクリートで箱型に囲われた用水では、両手を用水の隅にあて流れと逆にさかのぼっていくと効率よく捕まえることができます。 続く
Dec.23 2005

74.ひとりごと

先日、えびが宅配で送られてきて、6歳の末娘が内儀さんの料理の手伝いということで、まだ生きているえびの殻をむいたとのこと。
夕食の海老天と娘の自慢げな顔をみて内心無邪気な顔してそんなことできるのかと驚きました。

すっかり忘れていましたが、自分の幼い時期を思い出しました。やはり私もこのころは生き物の命というものに対しては憐憫の情というものは抱きませんでした。
庭さきの蟻の穴の前で金槌を持って蟻が出てくるとそれで叩いて潰してました。
大きな蟻を指でつぶして弱らせて小さな蟻の巣穴近くに置き、巣の中に引っ張り込まれていく様子を飽きずに眺めていました。
虫眼鏡でつぶした蟻に光を集めて焼いたこともあります。アマガエルを意味もなく殺したこともあります。

いつごろまでそんなことをしていつ頃から生き物の命を奪うことを罪なことと思うようになったのかその境目があいまいです。

いろんな生き物を飼育して死なせて、少しずつ玩具と生き物の違いを肌で感じて育ったような気がします。

幼児期には必要なのでしょうか、意味のない殺戮と生き物の飼育というのは・・・・。

末娘になにか花を育てさせようかしらね。
Dec.19 2005

73.きのこ狩り

秋になると幼少より父に連れられてよくきのこ狩りにつきあわされました。
山の中をきのこを探して歩くのは好きではないのですが見つけてしまうのです。どういうわけか・・・・。
晩秋、結構歩いても少しも見つからずに、父が一休みをするといって立ちションをしたりすると・・・・
・・・・目にしてしまうんですね、おしっこのかかりそうなところに生えているムラサキシメジが・・・・・。
このきのこは紫色の鮮やかなきのこなのですが、落ち葉に半分隠れたりしていたりして、案外見過ごしています。
しかし、群生しているきのこなので一本見つけると目が慣れるのかその近くで次々にみつかるのです。かくして一休みは中止してせっせととって籠にいれます。

時は数十年過ぎて今に至り、秋になると今度は誰に連れられるでもなく自分で山を駆け回りいろいろなきのこを採るようになりました。
今年採った主なきのこ
9月 マツタケ、ハナビラタケ、トキイロラッパタケ、スミゾメシメジ、ホテイシメジ、キシメジ、エセオリミキ、ショウゲンジ、アミタケ
10月 ナラタケ、スギヒラタケ、ホンシメジ、マイタケ、アマタケ、シモフリ、コクリノカサ、チャナメツムタケ、シロナメツムタケ、シモコシ、クリタケ、ムキタケ、ムラサキシメジ、ヌメリイグチ、ハナイグチ、アミハナイグチ、オオシワカラカサダケ、(ベニテングタケ)
11月 ナベシメジ、キナメツムタケ、ヤギタケ、キヌメリガサ、ナメコ、ヒラタケ

このうち、美味しいきのこはマツタケ、ホンシメジ、シモフリ、ベニテングタケが抜群のうまさでした。

ベニテングタケは童話にでてくるあの紅の傘に白いまだら模様のある有名な毒キノコですが、他のテングタケに比べ毒成分が少なく少量だと大変美味です。
信州では、テングタケやベニテングタケを天火で乾燥させて冬に食べる地方があります。
加減を間違えると中毒になるので、あくまでも自己責任ですが・・・・。
Dec.04 2005
matutakebenitenngu

72.あいのうた

最愛の妻をなくした男が子供たちと前向きに生きる彼が
ある日、家で一人の女性を預かることになりました・・・・

このドラマは、一人の“性格ブス”の女性の成長の物語。
一人のお人よし男の愛と人生の物語
新しく生まれる家族の物語
http://www.ntv.co.jp/ai/(日本テレビ系 毎週水曜午後10時放送)

・・・・こんなドラマのティーアップに惹かれて一度みたら、・・・・はまりました。

ストーリーは単純明快で雑な展開部分もありますが、変にひねくりまわさず大人のメルヘンをストレートに描いてみたいという製作者の熱意が感じられました。
玉置浩二さん演じる片岡優二さんが実に素敵です。

もてる男性というのは、ペ・ヨンジュンさんや速見もこみちさんなどのように二枚目でスタイルも抜群というイメージがあったのですが、ドラマのなかのとりえのない中年玉置浩二さんの邪気のない笑顔とせりふには惹かれました。

「愛ちゃん、君はいい娘だ。 うん、いい娘だ。」
不器用な言葉を補うように抱擁し愛ちゃんの頭をなでるのです。

官野美穂さんが演じる少しいじけた愛ちゃんがとてもかわいい。
NHK朝ドラの「ちゅらさん」でもマリアさんで素直でない女性を演じていましたが地でやっているのかしらと思えるほどはまり役です。
そんな彼女でも、玉置浩二さんの笑顔とあの不器用な言葉で語りかけられたら、いじけているのに疲れて降参してすなおになるしかないというかんじでした。
見ているこちらの心まで撫でられ抱きしめられるような暖かさが伝わってきました。

「信じられないよな。愛ちゃん、俺さ、あと半年で死ぬなんて、信じられないよな。」
こんなせりふを笑いながらつぶやくのです。

カラオケに子供たちを連れて行っておもいきり唄い、夜子供たちの寝顔にむかって語りかけるのです。
「楽しかったな。今日のこと忘れるなよな。父さんのこと忘れるなよ。な。」

多分、このドラマの最終回にはもらい泣きをしてしまいそうです。笑顔と声が胸に残って・・・・。  Dec.3 2005

追記:ドラマが臨終シーンでなく、現在進行形で終了してほっとしました。某美人女優さんの暴露本で何かと身辺が騒がしくなりましたが、ドラマの中の飛び切りの笑顔は素敵でした。
あの笑顔はまた別のドラマで見たいです。
それから、先日亡くなった岸田今日子さんのお医者さんも素敵でした。
aichan

71.発酵  猿酒造り

(注:酒造法により密造は禁止されています。これはフィクションということでお読みください。)
今秋は、キノコ狩りに没頭しあちこちで山の恵みを沢山収穫しました。
また、今年はサルナシ(コクワ)とヤマブドウがたいそうとれ、只食べるのはもったいないので、両方を混ぜたジャムとサル酒をつくりました。
サル酒は、本来はサルが木の洞にいろいろな山の果実を入れて醗酵させたものらしいですが、コクワとヤマブドウが主体であるのは間違いないので、これに砂糖を加えポリ瓶に詰め室内に放置しておきました。
数日後、開封して醗酵具合を調べてみると「シュッ!」というシャンパンのような炭酸がもれ醗酵が順調であることがわかりました。

さらに一週間後、瓶内にはガスのまじったもろみがみえたので毒見をしようとわくわくして再び開封してみると・・・・・
    ↓
   「シュワッ!」という音とともに
    ↓
   炭酸が噴出し・・・・・

    ↓

ポリ瓶のふたを一気に吹き

飛ばし・・・・・


    ↓

噴火しました!

    ↓

 瓶の内容物が半分吹き飛び

    ↓

 障子やふすまや部屋中

一面にもろみが飛び散り

ました!


その後もしばらく瓶の中から溶岩の如く泡が勢いよくふきこぼれました。
    ↓
吃驚して、大急ぎでふすまにへばりついたもろみを除去していると

内儀さんがやってきて驚きかつ呆れ、障子の張り替えを私に厳命しました。

あいにく、外から取り入れた洗濯物を引き続き乾かしている部屋でポリ瓶を噴火させてしまったので内儀さんはかんかんでした。
長女は部屋のありさまをみて笑い出しました。

一段落して、洗面所に行き姿を見てみると、額や頬、襟、胸など体のあちこちにももろみがとび散っていました。

結局、サル酒作りは失敗でした。口の狭い瓶だったため炭酸ガスの圧力が強くなりすぎシャンパン状態になったものと思われました。来年は、口の広い瓶で作って開封は屋外でしてみよう。
もちろん、内儀さんにはナイショ。
2005 Nov. 7

work17

70.5 秋の夜長に (後編)

いつのまにか、まどろんでいた。
「秋の夕日はつるべ落しです。もう、山を下るには遅いですから泊まりなさいませ。」
黒木瞳似の女がささやいた。
何時着替えたのか、髪を整えた姿は二人とも見違えるような美しさだ。

あかあかと囲炉裏に燃える炎のゆらぎをみつめながら四方山話を聞きいていると夢ともうつつとも定かでない状態になった。いつのまにか彼女達の生い立ちの話になっていた。
黒木瞳似の女は、呉葉という名で生まれは奥州会津という。
夢の中かなと思いながら聞いていると
紅葉と名を改め花の京に登り、高貴な人のもとに奉公したものの田舎者とさげすまれ、美貌と琴の腕前への嫉妬や冤罪をきせられ、信州まで落ちてきたとのこと。
小雪似の女はお万という名だった。紅葉が戸隠奥社に参でたさい野党に襲われスキをみてお万に助けられたそうだ。
ここで、京の作法や琴を村の者に教えていたところ信濃守中納言平維茂が鹿狩りの道中に見初められ一夜の宿を請われてた。
平維茂は笛の名手だった、琴と笛の音を合わせ二人は恋に落ちたが成就しなかったようだ。
出会いは9月30日、満月の夜のこと。

げにや谷川に 風のかけたる柵(しがらみ)は
流れもやらぬ もみじ葉を いる野のすすを露分けて 
行方も遠き信濃路の 鹿垣の道の険しさに

戸隠の 偲ぶもみじ葉 誰ゆえに
紅く染めにし 炎(ほむら)の如く

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目が覚めた。

そこは茅葺の家ではなく、紅葉の岩屋だった。
供養塔が何本も建てられ、紅葉の名前とともにお万の名も書かれていた。
紅葉は戸隠では鬼女、鬼無里では貴人伝説がのこり真偽はどちらだろうか。
平維茂に滅ぼされたと能の「紅葉狩り」にもあるが戸隠の紅葉の菩提寺大昌寺に平維茂も一緒の位牌があるのはなぜだろう。

日が西に傾き、駐車場に急いだ。
車に戻り、林道を下り始めると西岳が紅色に染まった。帰路柵にある紅葉の首が埋められているという鬼の首塚に立ち寄ったが、古びた墓石が並んでいていずれともわからなかった。
2005 Nov.6
momiji

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。