Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

102.マツタケを隠した坊主

宇治大納言隆国という好奇心の旺盛な貴族が巷の世間話や言い伝えを集めた巻物が宇治拾遺物語の名で古典として知られています。
中にはこぶとり爺さんの話など有名な昔話もありますが、読んでみるとずいぶんとシモネタがちりばめられています。
こんなのがあります。多少かたくりがアレンジしますが・・・
今は昔、都に墨染めの衣の短い袈裟を着てむくろじの大きな数珠を首にかけた聖が現れて勧進をしていた。
中納言師時の屋敷にも現れたので、目下のものにあの御坊は何者かと尋ねると、
「あの方は、この世の無常を悟りはかなみ出家し、無限の太始より生死の流転する中で目先の欲・煩悩の一切を絶たれ、ひたすら世の安寧の祈りを込めて精進されている聖でございます。」
「煩悩を一切絶ったとはどういうことか」と師時が僧に問いかけると
「これをみよ」と僧は自分の衣の裾をめくり下半身を見せた。
そこには、男性のあるべき・・・・がなかった。陰毛のみであった。
「修行には不要のものなれば切り取り候」
陰嚢が異様に膨らんでいた。
師時はこれを怪しみ家来数人に手足を押えよと命じた。
「あの法師の足ひろげさせ、誰か股間をさすれ」
「非礼、この上ないやめよ」と僧がいうのもかまわず師時は
ひたすら股間をさすれと命じた、

すると
 ↓ 
やがて
 ↓ 
 ↓ 
僧の陰毛の中から
 ↓ 
 ↓  
 ↓ 
マツタケがひょっこり顔出し
 ↓ 
 ↓  
 ↓
見事にそりかえった。

師時をはじめ屋敷中の家人がみなそれをみて大笑いをした。
物乞いをするに聖人らしくみえるように陰嚢のなかにマツタケを隠し、見えないように陰毛を貼り付けしたものだった。
僧はばつがわるそうに走り去った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・・「あの法師のまたの上を、手をひろげてあげおろしさすれ」
との給えばそのままにふくらかなる手してあげおろしさする。
とばかりある程にこの聖まのしをして、「今はさておはせ」と言ひけるを、
中納言「よげになりたり。たださすれ。それそれ」
とありければ、聖「さま悪しく候、いまはさて」と言うをあやにくぞさすすりふせるほどに、
毛の中より松茸のおほきやかなる物の、ふらふらといできて、腹にすはすはとうちつけたり。
中納言をはじめてそこらつどひたるもの者どもごゑに笑ふ。
Jan. 21 2007
スポンサーサイト

101.姿三四郎<蓮池の中で 後編>

Ⅲ.一本の杭
三四郎は無念だった。
師も兄弟子も、和尚も誰も自分が強くなったことをほめてくれない。
助けようともしない。
これだけの罰をこらえる自分に救いのないことが憎しみを増した。
意地でも謝れない。
意地でも陸へ上がれない。

冷える体と睡魔に襲われながら故郷の死んだ母や父を思い出した。

父母が心配そうに三四郎を見つめる。
母の頬に一筋の涙が流れた。

そのままの格好で彼は何かを求めている。
それが何であるかも知らず、一本の杭にすがりつくだけであった。

時が流れた。

暁近く、池で蓮の花が咲くのをかすれゆく意識の中でみた。
三四郎の周りのそこここに蓮の花が開いていく
朝陽の光の筋が放射状に伸び、日輪が三四郎の頬を黄金色に染めた。
朦朧とした頭で、極楽浄土とはこのようなようすかとぼんやりと考えた。
黎明の冷たい空気をふるわせて、さいづち和尚の勤行の声が耳をうった。
道場に受身の音がつづき、その響きが池の面にさざ波をたてた。
池中の彼に関係なくここに常の一日がはじめられた。
三四郎は、不覚にも喜びの涙をまぶたに感じて目を閉じた。


Ⅳ.天地自然

昨夜の和尚の言葉が天地の声として体に伝わってきた。

たえることなく美しく
未来へ生き続けていくよう
自然は・・・・
お前を見守っている。
その中で豆粒のようなお前が
慢心してなんになる。


苦痛もなく、不平もなく、怒りもなく、穏やかな気持ちにつつまれた。

「矢野さんは学習院に行ったが、許すといわなかったようだな。あがれ、三四郎。」
言われるがままに陸にあがった。
「よい顔だ。」
和尚がうやうやしく捧げた蓮の葉の上には赤飯が山盛りに載せてあった。
「蓮飯だ、食べなさい」
「和尚、僕は悟りはせん。」
「悟ったような顔をしていればよかろう。ほっほっほ・・・・」
「赤子のようなよい顔をしておる。今日は新しく生まれ変わった誕生の日ぞ。」
三四郎は不覚にもまた熱いものがのど元にこみ上げた。

Ⅴ.エピローグ
三四郎は蓮池の一件以来、師から稽古の禁止を言い渡されたが、悔しくはなかった。
その日以降三四郎には目に見えるもの全てが新鮮に見えて仕方がない。
木々にとまる小鳥たちのさえずり、木の葉のざわめき、頬にあたる風の全てが心地よく感じられた。
邪気のない笑顔で道場の掃除・洗濯をする姿三四郎。

・・・・原作を読みながら、心に浮かんだイメージをそのまま綴りました。
蓮池の中で、大いなる自然に包まれている自分を発見し、そのありがたさに気づく三四郎の心情が少しでも伝わったでしょうか?
感動を表現しようと何度手を加えても満足できない。
やはり、原作が一番いい。お粗末でした。
14 Jan. 2007

100.姿三四郎 <蓮池の中で 前編>

富田常雄原作のこの小説を読んだきっかけは、本宮ひろ志さんの漫画「姿三四郎」がきっかけでした。
原作も漫画もどちらも秀作ですが、特に感動的なのは姿三四郎が師である矢野正五郎に「死ね」といわれて蓮池に飛び込んだくだりです。

三四郎が技にうぬぼれ、有頂天になりましたが、師に叱責され、和尚の言葉を蓮池で泥にまみれながら聞き夜を明かし、自然の摂理と道の何たるかを知り、人間として成長するところが実に感動的です。

原作と漫画の雰囲気を壊さないように、さわりを綴りました。

Ⅰ.矢野正五郎の叱責
姿三四郎が会津から上京して間もないころ、柔術家6人がめがね橋で矢野正五郎を待ちうけして闇討ちをした際、矢野に次々に神田川に投げ飛ばされていくのをみた。
以来、矢野正五郎のように強くなることだけを夢見て一心に精進・稽古をし、師から大技の山嵐を授けられる。

あるとき、市中で刃物を持った無頼数人を叩き伏せた、三四郎は爽快感をもった。
騒ぎを聞きつけた警官に取り囲まれ、警官までも投げ飛ばし留置場で一夜をあかす。
翌日、柔道の練習場所である寺で矢野正五郎によばれ破門されるかと覚悟したところ、言われたのは「強くなりすぎたので死ね」と言う言葉だった。

「・・・・先生、私は先生のように強くなりました。直伝の山嵐で刃物を持った無頼漢を投げ飛ばすことができました。」
「道を知らぬものに柔道を教えたのは間違いだった。きちがいに刃物を与えたに等しい。」
「先生、僕は人の道は知っているつもりです。」
「人の道を知る者とは、火の中にあっても、水の中にあっても淡々と死ねることだ。」
「・・・・・・・・」
「それが武道だ。」
「先生が死ねといわれるのなら今すぐに死にます。」

Ⅱ.三四郎の意地
声とともに、外の蓮池に飛び込む。
蓮の葉がざわめき、水の波紋が消えるころ三四郎は浮き上がって一本の蓮の茎をつかんだ。

たわいもなく折れてまた沈んだ。

泳ぐには浅く、立つにはあまりにも泥深かった。三四郎は池に打ち込んであった一本のくいに手を伸ばしてつかまった。一部始終をみていた和尚が三四郎に話しかける。

「慢心小僧、そのまま水に潜っていたら死ねたものを、何故浮いてきた?」
「息が苦しいからだ」
「ならば、火の中に飛び込んでみるか?熱いぞ。では、崖から飛び降りるか、これも痛いわのう、ほっほっほ・・・」
「和尚、何が言いたい!楽な死に方なぞあるかっ!」
「それが道というものだ。死ぬには強烈な苦しみが伴う。」
「だから人は死を怖がる。だから生きる。これが自然だ。」
「人間が滅びないように全てに計らいがある。」
「それが自然、仏法の基本じゃ。」

「そのように遠大なものにまもられている豆粒ほどの己が何をとちって慢心する。降参して池から上がれ、矢野さんに謝れ。」
「嫌だ!・・・・僕にも意地がある。」
「意地があるなら、その杭を放さんか、やはり死ぬのが怖いか?」
「死ぬのが怖いわけじゃない、悔しいんだ!強くなって何故悪い。何故死ねといわれねばならんのかわからない。」
「ならば、池からでたらどうだ、矢野さんはお前に死ねといった。死ねぬならば出てしまえ。」
「先生が出ろと言わない以上死んでもできん。」
「和尚!僕はどうしたらいい?」
「沼のヒルは吸い付く、体は冷える、杭は離せぬ、陸に上がるは無念、どれもこれも八方塞りじゃな、馬鹿は死ね!ほっほっほ・・・」
Jan.13 2007

99.生涯エッチの回数

生涯営みの回数をあるヒマ人(かたくりではありません!)が計算したそうです。

二十代の新婚時代には一晩に2~3回はざらでも、病気・出張などできない期間もあるので平均1回/1日として年に360回。
1回10分として、1年60時間。10年で3600回、600時間。
30代は1回/2日として、年に180回その代わり1回20分として時間としては前と同じとして10年間で600時間。
40代は、1年100回が普通で1回30~60分として、1年50時間。
50代は、1~2回/1週、年50回、30時間、
60代以上は有無にかかわらず統計上誤差範囲として、以上を合計すると6900回、2000時間(83日間)。
・・・・だそうです。

参考にした本が22年前なので、平均結婚年齢が現代と大分ずれていますが、かたくりは晩婚なので一人エッチの回数時間を合わせてもこの3割ぐらいです。(涙)

今からがんばっても無理・むり・ぜ~ったい無理!

別に、欧米の何とかの法則とかで、結婚前のカップルがセックスをするたびにコインを瓶に貯めていき、結婚後はセックスをするたびに瓶からコインを取り出していくと、セックスの回数は結婚前にはとても足りず、決して瓶の中のコインはなくならないとか。

これは実感として納得できます。

内儀さんと結婚後10年分を足しても新婚旅行中の回数に足りないねと笑ってますから Jan.07 2007

98.新年初笑い:アリスト・ファネス「女の平和」

かたくりはあまり西洋の小説は読まないのですが、

「女の平和」という喜劇を紹介します。

時と場所は、古代ギリシャ・ローマ帝国の頃、
戦争で明け暮れている男達のために、閨で悶々とさせられるおんな達が敵味方関係なく連帯してエッチのストライキをしました。
男と女の我慢比べです。

小説の中でも、我慢できない女の人がでてきますが、
持久戦となるとどうしても女性に軍配があがるみたいですね(爆)
今度は、男達が悶々としてしまい、戦争どころではなくなり、敵と和解しておんな達にもう戦争はしないからエッチさせてと誓うのです。

もう・・・がまんができまっしぇん・・・戦争やめるからやらせて~m(_ _)m
・・・という感じでしょうか?

かくして、戦争はなくなりましたと。
何時の世も、女性は戦争が嫌いで平和が大好きです。エッチも?

Jan. 3 2007

97.髪・毛・ヘア

2006年も今日が最後になりました。

今年最後は下ネタで終えるか、ロマンティスト・ヒューマニストで終えるかそこは迷うところですが・・・・
理性と本能の間で葛藤しながらキーボードで綴るのはやはり下ネタ話になりました。ヽ(゜▽、゜)ノ

本日のタイトルは 【髪・毛・ヘア】です。

頭髪と陰毛は、切り口をみるとストレートの頭髪が円形に対し陰毛は楕円形です。
この違いは頭髪は女性ホルモンの作用を受け、陰毛は男性ホルモンのアンドロゲンの作用を受けて伸びます。

髪の毛を伸ばす力を比較すると女性ホルモンのほうが男性ホルモンよりずっと強いそうです。
はげにするだけが男性ホルモンの作用ではないようです。
但し女性ホルモンのようにまっすぐに伸びるのでなく、切り口が楕円形の縮れ毛です。

腋毛や胸毛も男性ホルモンで生えるのでやはり縮れています。
女性にも男性ホルモンがありますが、少ないので陰毛・腋毛は短いです。
男性ホルモンがごく微量の女性は・・・・が生えない方もいるとか。私は体験が少ないので確かめていません。

この説にうなずきながらも多少疑問があります、ひげも第二次性徴以降濃くなりますが縮れてません。

天然パーマの頭髪は、男性ホルモンが多いからでしょうか?
ならば、天然パーマの御仁や女性からはげないのはなぜでしょう。

眉毛は一般に男性のほうが濃いですが、女性にも眉毛の濃い美人がいますね。
これもホルモンによるものでしょうか。
仲間由紀恵さんも眉毛が濃いですがこの方はどうなのかなあと思いながら今年1年NHKの大河ドラマを見ながら見ていました。Dec.31 2006

96.顔・方向の識別音痴

かたくりは方向感覚・顔の識別に関する記憶がまるでだめです。
それと対照的にうちの内儀さんは、一度行ったところは決して忘れないという、サケかイヌ並みの帰巣本能の持ち主です。脳のどこが違うのかわかりません。学習能力の差なのでしょうか?
Biel型multiple T-mazeというラットの学習試験があります。これは、水の中にT字型の迷路と袋小路を組み合わせた迷路でゴールにたどり着くまでに右→左→左→右→左→左と迷路を選択しないとたどりつけません。1回の試行時間は5分。かたくりならばおそらく何度やっても路を覚えられないでしょう。
一方、ラットは・・・・早い個体では3回のトライアル、大体6回ぐらいで結構間違えずゴールにたどり着きます。どういう脳の構造になっているのでしょう、匂いかなにか別の識別を疑いこれを除去しても余裕でクリアしてました。
かたくりの方向感覚はラットに劣るようです。もっともラットの場合迷路を90度回転させるとゴールできなくなりますが、室内照明や空間の位置関係を認識してゴールするものと思われます。
かたくりは、景色・家並みや曲がり角の特徴を覚えようと心がけてもできません。(苦笑)

顔の識別は最も苦手です。特に若い女性の顔はずばぬけた美人でないと一度で覚えるのは無理です。
顔の輪郭を大雑把に捉えるので、映画やドラマを見ていても誰が主人公で脇役が誰かよくまちがえるのでストーリーの把握がめちゃくちゃです。たとえば「宮廷女官チャングムの誓い」では、
ヨンシン元女官長とハン尚宮、チェ女官長とハン尚宮が似ているなあと思いました。
インタビューでキョン・ミリ(チェ女官長)さんがハン尚宮役でやってみたいワンシーンがあるといっていましたが、途中で交代しても多分私は気づかないと思います。
そもそもチャングム役のイ・ヨンエさんを見るたびに女優の檀ふみさんと似ているなあと思ってみていましたから。これほどの顔の識別音痴は私だけでしょうか?
学生時代は中学までは名札をつけていたので助かりましたが、高校・大学とクラスメイトが名札をつけていないので名前が覚えられず、顔も三十数人のクラスメイトの顔を覚えるのに半年ぐらいかかったかなあ・・・・
内儀さんが小学校の娘の友達の顔やお母さんの顔をすぐ覚えるのが不思議でなりません。
私が母親だったら、娘の友達のお母さんと会っても挨拶ができず、無愛想な女と思われたことでしょう。女性に生まれなくて救われました。
言い訳をすると、会ってもじっと顔をみると失礼だと思い、相手の目を見ることができないというのも理由の一つです。
仕方がないので顔の代わりに髪型・首・肩・ウエストのラインや後姿で覚えようとしています。
そういう視線をあまり送るとストーカーと間違えられますね。だから女性の顔の識別はいつまでも苦手です。Dec.29 2006

95.寿 師走から正月へ

12月はかたくりの誕生月です。本来ならばめでたい月なのですが、年とともに気が重い月になりつつあります。
NHKの大河ドラマの最終回は大抵臨終で終わるのがたまらない。合戦で死ぬとか切腹ならまだいいですが、年老いて死ぬというのは年末には勘弁して欲しい。
年配の方に高い支持のある番組ですが、どういう気持ちで最終回を見ているのでしょうか?
新年に希望を持てるような、躍動感のある最終回にして欲しいものです。

昔の視点で季節の流れをみるならば、冬は実りの季節を終え、野良仕事ができず飢えを忍ぶ季節です。いいかえればお年寄りにとって死と向かい合う季節です。
大晦日は、商人にとっては帳簿を手に1年のつけを回収する時で、借金に追われる貧乏人にとってはなんとかしのいでつけを来年の大晦日まで延ばすべく必死に口実をつけて逃げ回る季節だと聞きました。
その厳しい季節が過ぎて寒梅が咲く初春に命の息吹を感じ、老人はまた一年生きられると命の喜びを実感し、正月に皆で1つ齢を重ねて喜びを分かちあったのではないでしょうか。
昔の年取りには、そんな厳しさを越えた喜びがこめられていたと思います。
正月は旧暦でやったほうが、齢を重ねるありがたみがあっていいと思うのですがどうでしょうか。

今の正月は、クリスマスのあとすぐ年賀状書き・大掃除・忘年会とあわただしく時間に追われ
季節感もないまま迎える正月も年号が変わるだけで、相変わらず冬なので初春も寿の本来の意味を感じません。

Dec.28 2006

94.生きる

恒温動物と変温動物の違いはどこにあるのでしょう?
脊椎動物では、魚類・両生類・爬虫類が変温動物。鳥類・哺乳類が恒温動物です。
一応、恒温動物は脳の視床下部にある体温中枢があり温度を感知する受容器からの伝達をうけて、熱の産出量を制御して一定の体温を保つわけですが、別に組織・臓器が恒温・変温動物で大きく異なるわけではありません。

やまね・りす・コウモリなどの小動物では、体積に対する表面積が大きく発熱量が大きいため冬場はそれをまかなうだけのエネルギーが食物で取れないため冬眠し体温は0~5℃まで下がります。

また、かたくりの経験ではラットの新生児を実験のため冷蔵庫に2日ほど放置したことがあります。驚いたことに、冷蔵庫の中でも凍死せず2日後でも生存していました。

保育中の母親が営巣し授乳されている新生児の体温は温かですが、育児放棄された新生児では体温が低下し、餓死するまで生きています。
恒温動物でも新生児は基本的に体温調節機能が不十分で、体温が下がっても栄養状態が悪くなければ、ある程度生存可能であろうというのが私の結論です。

最近、興味深いニュースがありました。
2006年10月7日に兵庫県の六甲山で男性が遭難しました。この男性は2日後の10月9日には意識を失い、10月31日に発見されるまで23日程の間、いわゆる冬眠に近い状態だったのではないかと医師が話している。発見時には体温が約22度という極度の低体温症で、ほとんどの臓器が機能停止状態だったが、後遺症を残さずに回復したとのこと。
組織が凍結したうえでの凍死は別として、体温の低下で死ぬのか考えると良くわかりません。
臓器移植の際には、臓器を低温保存もするので・・・・・。
命の仕組みというのは、まだよくわかりませんね。
からだが、本人の意思と関係なくぎりぎりまで生きようと努力しているように思えます。

Dec.26 2006

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。