Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外:一年

本能と理性のハザマをゆらめきながらブログを綴るぞ~と思いながら心にためていたものを吐き出していたのですが、読者が増えるに従いエロ話を書くのにためらいがでて情けないと感じた年の後半でした。

本当はホームページの方が好きなのだけれどもサポートが少なくなりブログに向かう時間が多くなった。
そのなかでいろいろなブログに出会った。

消えていったブログもあった。
寡黙な女性の独り言のようなブログで短い数行が妙に心にのこった。
大好きなブログで読み返しているうちに突然消えたものもあった。
価値観がどうしても理解できないまま惹かれたものもあった。
美しいラブストーリのような体験を書いていた自殺願望のある女性がいた。
いくつかは、かれらを意識したメッセージ的なものをブログに書いたのだけど伝わったかな?

心が熱く強く優しい女性がいた。
いつも隙のない美しい花の写真を紹介してくれる人
ケラケラと笑いながらいつも幅広い話題を提供してくれたもの
幅広い話題を持ちエロ話にこだわらず自由に書いて欲しい女性
教養豊かなひとだなあと感嘆しその博学にあやかりたい人
性技のオーソリティ本当はあふれる才能の持ち主
芯の強い女性
ウツと一生懸命戦っているひと
赤ひげのような義憤をもち患者さん思いの医師


癒しの言葉や書画を紹介してくれるブログは、いつ訪れても変わらない安らぎがある感謝だ
毎日のように色彩豊かな模様にその芸術性に才能とは実に不公平と思いながらあこがれています。
コメントのレスをいつも律儀にしている方が多いのに驚き、してないかたくりは大変反省させられました。
ほかにもたくさんの素敵なブロガー様、今年は大変お世話になりました。
よいお年を。

okota
喜・怒・哀・楽・淫・情・知をおりまぜて来年はブログを自由に綴りたいなあ。 

Dec.31 2007


スポンサーサイト

108.送別の詩

送元二使安西  王維

(唐代の詩人王維が友人元二の西域安西に送る時に作った漢詩)

 渭城朝雨潤輕塵
 客舎青青柳色新
 勸君更盡一杯酒
 西出陽関無故人
 渭城の朝雨軽塵を潤し
 客舎青々柳色新たなり
 君にすすむ更につくせ一杯の酒
 西の方陽関を出ずれば故人無からん

この漢詩は、別れの酒宴で好まれる詩だと聞きます。
友を見送る寂寞の念を胸に抑えて、明るく旅の無事を祈る友情あふれる詩ですね。
「陽関三畳」といって、送別のときには、この詩を3回繰り返して詠うならわしがあるそうです。
先に紹介した「82.どうぞこのまま」 が、もうすぐはなれる愛する人とと少しでも肌の温もりを感じていたいという官能的な女性感覚とは対照的です。


かたくりの解釈
友の別れの宴で夜明かしてしまったが、なごりはまだ尽きない。
早朝の雨で渭城の町を濡らし、建物は青々として柳のみどりも目の覚めるように鮮やかだ。
友よ、最後にもう一杯私の杯を受けてくれないか
陽関から西域へ旅立ってしまえばもう会えないのだから。

107.どうぞこのまま

この歌は学生時代にお気に入りの1曲でした。

男とはまったく異なる異なる価値観だなあと思いました。

異性のどういうタイプの、

どういうしぐさに惹かれてしまったか。

その愛を勝ち得るためにどういう覚悟があるか

自分の何を賭けているか、

そんなそんなことを自分に問いかけて片想いばかりしているので

女性感覚というか、この曲が唄い語りかけている世界が謎めいていてよけいに惹かれました。

どうも女性というのは満たされない愛というものに強い憧れがあるのではないでしょうか?

他に恋人がいる男性または妻子ある男性を引き留めて、今このひと時だけは自分のものにしておきたい。

過去も未来も関係ない、今このときだけが永遠なのという感覚でしょうか?

・・・・・かたくりは競って勝ち取るか、とれないならば恋慕の情は胸に秘めたまま墓まで持っていくという恋愛観なのでのでよけいに惹かれました。

あくまで歌の世界だけとして。

同時期に因幡晃さんの「わかってください」という曲がはやっていましたが、こちらの心情はストレートに伝わりました。

思い当たる気持ちが十分にありましたので。

思えば恋愛体験に恵まれない独身時代だったわ~ (泣)


  どうぞこのまま

 歌・詞・曲:丸山圭子


この確かな 時間だけが
今の二人に 与えられた
唯一の あかしなのです

ふれあうことの 喜びを
あなたのぬくもりに 感じて
そうして 生きているのです
くもりガラスを伝わる 雨のしずくのように
ただひとすじに ただひとすじに
ただひたむきに

それは ばかげたあこがれが
気まぐれな 恋だとしても
雨は きっと降り続く
くもりガラスをたたく 雨の音かぞえながら
どうぞこのまま どうぞこのまま
どうぞやまないで

さよならは 涙とうらはら
さめたコーヒーの ようなもの
だから いつまでも このまま
どうぞこのまま どうぞこのまま
どうぞやまないで
どうぞこのまま どうぞこのまま
どうぞやまないで

Jan 14 2007

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。