Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

120.蜂毒


それは今秋近くの里山で信州人には人気のイッポンカンコ(ウラベニホテイシメジ)を採っていたときのことでした。
右腕の肘やや内側に3cmぐらい蜂がとまり、厚手の長袖の上着と袖カバーの上から刺していきました。子供のころ刺された時に比べ大層痛かったのです。
最初は大きさから人家の屋根などに巣を作るアシナガ蜂で、一時的な痛みと楽観していましたがジ~ンといった重い痛みが時間とともに広がり、傷口から蜂毒を吸いだしましてみましたが少し遅かったようです。
その日のきのこ狩りは大量でしたが、痛みが酷いので帰宅中にドラッグストアでキンカンを買って傷口にしみこませましたが、効き目なし。
夜、インターネットで調べるとどうもキイロスズメバチに刺されたようです。
蜂毒にはたんぱく質(ヒスタミン、セロトニン、ハチ毒キニン、カテユラシン)の処置にはステロイドが有効らしいので手持ちのステロイド軟こうを塗ってみましたがこれも駄目。
腕が棒のように腫れて翌日にはものが握れないほど酷くなり医者に駆け込みました。
待ち時間が無限に長く感じました(涙)。
ミツバチ等とかならステロイド軟こうでも効果があるそうですが、蜂毒でも強烈なのには効果がなくかたくりは1時間ほどステロイドの点滴をされました。

数日後、同じ場所にきのこ狩りにいくと、また同じキイロスズメバチがいました。
こちらも身構えてしばらくにらみ合いになりましたがどうやら近くに巣があるようです。
でもそこはウラベニホテイシメジが沢山採れていい場所でした。
スズメバチは体質によって2度目はやばいのですが、致死に至る全身性アナフィラキシーショックは1割程度とのこと。かたくりはどっちの体質なのかわかりませんが貴重な体験でした。
仮に2度目が大丈夫でも刺される毎にアナフィラキシーショックの確率が高まります。ロシアンルーレットに似ていますね。
スズメバチはイノシシや熊より怖いです。Dec.22 2006
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。