Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

18.旧制松本高校思誠寮寮歌


私の学生時代には、ことあるごとに旧制高校の寮歌をよく仲間と唄いました。
もちろん、私は新生大学になってからの入学ですが、旧制松本高校が信州大学文理学部となりその末裔の理学部生物学科の学徒でした。

古き名門の子女を恋するを純情の恋と誰が言う。
路傍に行き交う乙女に恋するを不浄の者と誰が言う。
泣いて笑って月下の酒場で媚びうる娼婦にもまた水蓮のごとき純情有り。
風吹かば風吹くもよし、雨降らば雨降るも良し
酒は飲むべし百薬の長、女は買うべしこれ人生無上の気楽なり。
容色美人の膝枕に快楽の一夜を過ごさば、金もなくまた夢も無し。
ああ、いざや唄わん
松本高校思誠寮寮歌「春寂寥」
アイン、ツバイ、ドライ

春寂寥の洛陽に 昔をしのぶ唐人の 
傷める心今日は我
小さき胸に抱きつつ この花陰にさすらえば
あはれかなしゆく春の 一片ごとに散る涙

嵐は山に落ち果てぬ 静けき夜半の雪雪崩
洞の灯赤くさゆらげば 
身をうち寄する白壁に冬を昨日の春の色 
あはれゆかし友達の 開かぬまどいの物語

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
寮歌のティーアップに用いられたこの文句は本来は、旧制松本高校のものでなく、北大のものと聞いています。
思誠寮に住んでいた同級生によれば、
「アルペンの風さつさつと吹き来たり吹き来去る信濃の高原に 
青春多感なりし歌声を持っていざや歌わん松本高校思誠寮寮歌・・・・・」
というバージョンもあるそうです。
「春寂寥」も春夏秋冬それぞれ詩になっているのですが、大分記憶が薄れてしまいました。

詩も前口上も、今振り返れば恥ずかしいものですが、これを唄い自分の孤独を慰め将来を模索していた頃がありました。
青春とは、かくも恥ずかしくもあり一途でもありました。
これは誰もが経験するにがさ苦しさでしょう。
'04 Nov.
fcblog
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。