Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

52.山雨来たらんとして 風楼に満つ


カタクリはあまり文学・古詩に縁はないのですが、何かの折に自分の琴線触れる言葉にめぐり合うことがあります。
この言葉もその中の一つです。これは許渾という唐の時代の詩人の律詩の一節です。
この詩は彼が北方、黄河の上流の渭水にかつて秦の始皇帝が都をおいた咸陽に行ったときに作ったものです。
・・・・時のうつろい、無常観に心惹かれます。

許渾(咸陽城の東楼にて) 

ひとたび高城に上れば万里の愁い
蒹葭・楊柳、汀・洲に似たり
渓雲 初めて起こり 日は閣に沈む
山雨来たらんと欲して、風楼に満つ
鳥は緑蕪に下りぬ 秦苑の夕べ
蝉は黄葉に鳴く 漢宮の秋
行人問う莫れ  当年の時を
故き国は 東来す 渭水の流れに

高い城壁に上ってみると、はるか万里の彼方まで寂しさが一杯だ
葦が一面に茂っている中に柳が幾つか立っているのは、
平原の中の岸辺や中洲のようだ
そんな時、雲は谷間に湧き、日は西の寺の屋根に沈んでいく
山間に降るにわか雨が押し寄せようとして、二階はつめたい風をはらむ
それを知った鳥達は緑の平原に舞い降りるが、そこは昔の秦の宮園
力のない蝉の声が、色づきはじめた木のしげみからもれてくるが、
そこは昔漢の宮殿があったところ
とはいえ、道行く人よ、当時の栄華のことは聞かないで欲しい
昔の国の面影は、この渭水に影をうつしてはるか東へ流れ行くのだから  
2005 Mar. 11
大座法師池

fcblog
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。