Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

62.山本五十六元帥


人には、変えられない運命というものがあるのでしょうか。

この天才軍略家は越後長岡に生まれ育ちました。
旧長岡藩の儒家高野姓から名家山本帯刀家に養子に入りました。
家老山本帯刀は、戊辰戦争で官軍に対し「長岡藩は降伏しませぬ!」といって責を負い処刑された人物です。
幼少より聡明でふるさとを愛し、米百俵ゆかりの旧制長岡中学(現県立長岡高等学校)の頃から政治家・外交官ベンジャミン・フランクリンを尊敬し広い視野をもっていました。
30代には駐在武官として米国の圧倒的な工業生産力を熟知します。
日独伊三国同盟に際し、米内光政海軍大臣・井上成美軍務局長とともに同盟反対を唱え、日米戦争反対の姿勢を示し締結を1年遅らせました。
聡明で冷静な判断力と合理的な考え方の持ち主である彼にも、たった1度失言がありました。
1940(昭和15)年9月末、東京荻窪の近衛文麿首相宅で日米戦争の見通しについて尋ねられ「いざやるとなれば、1年間ぐらいは存分に暴れてごらんにいれましょう。しかし、2年先、3年先のことは自分にも分かりません」と答えた為、結果的に首相に誤まった判断を与えました。
その後連合艦隊司令長官になり、真珠湾奇襲作戦の陣頭指揮をたて、日米開戦のボタンを押す立場になってしまったのは皮肉です。
先見性に優れ、大和・武蔵などの巨大戦艦の造船に反対し航空の重要性を力説し、真珠湾で実証しましたが、それを教訓として学んだのは米国でした。
勝負事に強く将棋・カードでは無敗の彼も圧倒的な力の差には勝てませんでした。
真珠湾攻撃から1年4ヶ月後パプア・ニューギニアのブーゲンビル島上空で撃墜により戦死。

晩年、戦争の幕引きのシナリオをどのように描いていたのでしょうか?

もし、海軍の中枢が山本五十六の提案を受け入れ巨大戦艦造船でなく航空機重視をしていたら、また計画道理真珠湾で米国空母を撃沈していたら、日本の歴史は変わっていたかも知れません。
山本五十六が平和な時代に生まれていたなら、その広い視野と合理的な知略は国際舞台で花開き後世に残る政治家になったことでしょう。または、偉大な教育者になっていたかもしれません。

「やってみせ ほめてみせねば 人は動かじ」

平和な時代に世にでて活躍して欲しかった人です。
長岡出身の人物で、私が紹介したい3人のうちの1人です。

米内光政氏・井上成美氏は戦争終結にも奔走した人たちで、敗戦後戦犯の罪にも問われませんでした。
June 16 2005
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。