Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

71.発酵  猿酒造り

(注:酒造法により密造は禁止されています。これはフィクションということでお読みください。)
今秋は、キノコ狩りに没頭しあちこちで山の恵みを沢山収穫しました。
また、今年はサルナシ(コクワ)とヤマブドウがたいそうとれ、只食べるのはもったいないので、両方を混ぜたジャムとサル酒をつくりました。
サル酒は、本来はサルが木の洞にいろいろな山の果実を入れて醗酵させたものらしいですが、コクワとヤマブドウが主体であるのは間違いないので、これに砂糖を加えポリ瓶に詰め室内に放置しておきました。
数日後、開封して醗酵具合を調べてみると「シュッ!」というシャンパンのような炭酸がもれ醗酵が順調であることがわかりました。

さらに一週間後、瓶内にはガスのまじったもろみがみえたので毒見をしようとわくわくして再び開封してみると・・・・・
    ↓
   「シュワッ!」という音とともに
    ↓
   炭酸が噴出し・・・・・

    ↓

ポリ瓶のふたを一気に吹き

飛ばし・・・・・


    ↓

噴火しました!

    ↓

 瓶の内容物が半分吹き飛び

    ↓

 障子やふすまや部屋中

一面にもろみが飛び散り

ました!


その後もしばらく瓶の中から溶岩の如く泡が勢いよくふきこぼれました。
    ↓
吃驚して、大急ぎでふすまにへばりついたもろみを除去していると

内儀さんがやってきて驚きかつ呆れ、障子の張り替えを私に厳命しました。

あいにく、外から取り入れた洗濯物を引き続き乾かしている部屋でポリ瓶を噴火させてしまったので内儀さんはかんかんでした。
長女は部屋のありさまをみて笑い出しました。

一段落して、洗面所に行き姿を見てみると、額や頬、襟、胸など体のあちこちにももろみがとび散っていました。

結局、サル酒作りは失敗でした。口の狭い瓶だったため炭酸ガスの圧力が強くなりすぎシャンパン状態になったものと思われました。来年は、口の広い瓶で作って開封は屋外でしてみよう。
もちろん、内儀さんにはナイショ。
2005 Nov. 7

work17
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。