Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

79.語感

これは私の独断と偏見かもしれませんが、日本語というのは実にボキャブラリーが豊富で繊細な言語だと思います。
ひとつの言葉の持つイメージの良し悪しで生まれる縁起ゲンかつぎなどもあるくらいです。
「猿」は「去る」に通じるというということで忌み嫌われ「得る→エテ公」と呼ばれ逆に縁起物とされたり、「芦」が「悪し」の音と同じことから、「善し」の音となる「ヨシ」と呼んで井戸を埋めたりする際の縁起物にしたりと音の響きのもつ効果は絶対です。
で、言葉の響きで流行り廃りもけっこうありますね。
以前、所ジョージさんが暴走族を取り締まるならば、「族、暴走族」などという響きの良いことばは使わず、彼らを「おまんじゅう」と呼びましょうといったことがあります。彼は今でもそうですが、格好から入る人たちには耳が痛いかもしれません。
「不倫」というのも罪・背徳・悲恋などのイメージがつきまとい切なさが響く言葉かも知れませんね。
もし「不倫」という言葉がなくその行為が「エンガチョウ」もしくは別の意味ですが「乳くり合い」などという言葉しか存在しなければ、「私は上司と不倫中なの」の変わりに「私は上司と乳くり合い中なの」という内緒話や日記ブログはみっともなくて告白話は殆どなくなるかもしれません。
健全すぎる世の中というのも考え物ですが、言葉の響きで左右されるような流行ならば、時間とエネルギーの無駄使いだとおもうなあ・・・・。
「売春」の代わりに「援助交際」の言葉を作り出した人のキャッチコピーの才能は豊かだと思いますが、罪な発明をしたものです。

また、被害者の心情を考慮した上での法律用語かもしれませんが、「婦女暴行」というのも犯罪行為に対してもっと情けない表現になることで犯罪抑止にはならないかあ。

より格好の良い語感が好まれるなかで「キャリア ウーマン」があまり使われなくなって「負け犬」という言葉が流行りだしたのは不思議な現象ですね。陰湿で気に入らないですが・・・・
20 Mar. 2006
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

katakurijpn

Author:katakurijpn


fcblog スキマ・アフィリエイト
アメーバブログの 【つれづれのままに】 で綴ったものをリメイクしてます。

ADgger

アフィリエイト

ADDgger 2

アフィリエイト

★ネット収入★

☆2012年収益
../88,612円
☆2011年収益
..107,490円
☆2010年収益
..190,492円
☆2009年収益
..300,334円
☆2008年収益
..389,764円
☆2007年収益
..402,234円
☆2006年収益
..98,291円.......$4.38
☆2005年収益
.....40471円....$12.14

月毎の詳細は→ 【こちら】 ★☆については登録可

☆流石メール
456回--272,200円
☆Prize-prize
26回--14,000円
★白くつしたのナッツ
50回
--6,300円
★King of lead mail
3回--1,500円

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。